ブロックチェーンのベンチャーキャピタリストであるスペンサー・ボガート氏は26日、「手持ちのアルトコインを売り、ビットコインを買え」と話す。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

ブロックチェーンのベンチャーキャピタリストであるスペンサー・ボガート氏は26日、CNBCの取材に対して、ビットコインは最近の下落にもかかわらず、強い買い推奨のままであると述べました。
続けて、ビットコインの価格は年末までに、1万ドル以上の値になるだろうとも語りました。

ベンチャーキャピタリストとは
優良企業・成長企業に投資(資金の提供)を行い、投資先企業の成長を実現することによってキャピタルゲインの獲得を目指す職業です。
資金提供の形は出資(株式の取得)を主とし、投資後は株主として経営の支援やモニタリングに携わり、企業価値を高め、その企業が上場したり、買収される際に株式を高値で売却し、投資時との差額を収益(キャピタルゲイン)として得ることを目的とします。

ボガート氏は大手ベンチャーキャピタル(VC)のブロックチェーン・キャピタルのパートナーです。
ウォール街で初めてビットコインとブロックチェーンを対象にしたアナリスト(事象を分析し判断する専門家)と言われ、ブロックチェーンについて執筆した産業レポートは高く評価されています。

ベンチャー‐キャピタル(venture capital)とは 公開していないベンチャー企業等に出資する投資会社のことです。

ビットコインはこの3週間、否定的な見方をされており、CNBCのインタビュー冒頭で指摘されたように「17年9月以来、最長の連続下落」を記録しています。
にもかかわらず、ボガート氏は強気な長期見通しの概要を説明して次のように述べました。

「長期的な主張は何一つ崩されていない…ビットコインの機関化は必ず起きる…あらゆる大手銀行はこの分野での活動を模索している。
銀行はビットコインを顧客に提供するか、保管プラットフォームに取り組み始めるか、あるいは取引デスクを開くことになるだろう」

ボガート氏は、 カルダノ、TRON、IOTA、NEOといったアルトコインは売るつもりだが、自らは「中立」であり、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、EOSは保有するだろうとのべました。

また、「私はイーサリアムに関して、長期的には前向きだ」とも語りました。
とは言え、 ボガート氏は、イーサリアムは現在、そのプラットフォーム内に構築された多くの割高なトークンのせいで 、非常に突出しているとの考えを示した。
また、イーサリアムの将来はICO分野における将来の動向と密接に関連していくだろうとの意見も示しました。

さらにボガート氏は、今回が「ビットコインの終焉(しゅうえん)」を誰も示さなかった初めての持続的下げ相場となっていることも指摘し、仮想通貨分野で機関化が進行している現実が、長期的な「ストーリー」を保証しており、ビットコインの将来が、総合的に見てプラスであるとの考えを示しました。
さらに、最近の国家通貨危機など、従来の金融部門で進行している混乱がビットコインの活用事例を補強しているとものべました。

「ビットコインの取引が縮小することもあり得るのか?確かにその通りだ。
一方、ビットコインが今から1年後に値上がりしていると考えているのかと問われれば、絶対にそうだと答える・・・きっと今年の終わりにはビットコインが最低でも1万ドルを超える値をつけているはずだ」

差し当たっては仮想通貨市場ではマイナスが続いていくと見られています。
ビットコインは記事出稿時点で7400ドル未満で取引されており、24時間でさらに2.5%下落しています。
これにもかかわらず、仮想通貨分野では主流投資家からの出資を促進するための方策が増えています。
はっきり目立つのは機関投資家向けの保管・管理ソリューションを提供する企業が増えています。
(米国最大手の仮想通貨取引所コインベースは15日、機関投資家を対象とした、カストディ(保管)サービスなど、一連の新商品を売り出すことを公式ブログで発表)
機関投資が主要市場の伸びを引き起こすことになると思われています。