2017年にイーサリアムのネットワーク上に開発された分散型アプリケーション(DApps)の数は1090個、発行されたトークン数は700種以上ということが分かった。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

2017年にイーサリアムのネットワーク上に開発された分散型アプリケーション(DApps)の数は1090個、発行されたトークン数は700種以上ということが分かりました。
ファイナンス・マグネイトが28日に伝えました。

イーサリアム(Ethereum)とは、P2Pネットワーク上で分散アプリケーションを開発・実行するためのプラットフォーム(土台)です。
分散アプリケーションとは、ネットワークでつながっている複数の端末間で通信しながらサービスを提供するプログラムです。
通常のwebサービスでは、そのサービスを提供する人や企業がサーバーなどの設備やシステムを管理する必要がありました。
しかしイーサリアムでは「ブロックチェーン」という不正改ざん防止技術を利用して、管理者がいなくても安全に動作するアプリケーションを作るための機能を提供しています。

イーサリアム分析企業アレシオのビジネスアナリストであるクリスチャン・クロウウェイ氏は28日、イーサリアムの促進を目的にしたコンセンシス・コミュニティ・デイで、毎日平均で10万人の新しいユーザーがイーサリアムのエコシステムに参加していると発言しました。
イーサリアムのネットワークは1日当たり100万トランザクション(取引)を処理しているといいます。
同氏によると、現時点で2920万のユニークアドレス(活動があるアドレス)があるといいます。

トランザクション(Transaction)とは、簡単にいえば取引のことで、前の持ち主から受け取った取引のハッシュ値と、送り先のアドレスなどを含め、所有者の秘密鍵で電子署名したものを言います。

ニューヨーク拠点のイーサリアムソフトウェア企業コンセンシスのエグゼクティブ・ディレクターのヴァネッサ・グルレ氏は、同イベントで「貧困に苦しむホロコーストの多くの生存者を救うなど、主要な課題に対処する潜在能力がある」とブロックチェーンを評価しました。

ブロックチェーン技術は世界中で積極的に導入されています。
最近では、ダイヤモンドの採掘から卸売までを手がけるデビアスグループと米国のノーフォークサザン鉄道がブロックチェーンを採用した。

(南アフリカ本拠で、ダイアモンドの採掘から卸売を手がけるデビアスグループは24日、同社のダイヤモンド供給ブロックチェーンプラットフォーム「Tracr」に、ダイヤモンドジュエリー小売業世界最大手のシグネット・ジュエラーズが参加したと発表した。)
(米運送大手のノーフォーク・サザン(NSC)が、運輸業界向けブロックチェーン連盟(BiTA)に加盟した。24日に同社が発表した。)

一方で、ロシア中銀総裁は最近、ブロックチェーンアプリについて疑う姿勢を示しました。
「テクノロジーのためのテクノロジーは意味がない」とし、ブロックチェーン技術は、まだ産業レベルで十分に成熟していないと指摘しました。(地元報道機関のプライムが26日に伝えています。)

中国情報通信研究院(CAICT)は28日に報告書を公開しています。
サービスがスタートされ、現在まで残っているブロックチェーンのプロジェクトは全体の8%にすぎず、プロジェクトの平均寿命は15ヶ月と述べました。(中国のニュースサイトが28日に伝えました。)
中国政府はブロックチェーンと仮想通貨の研究を進めています。
またブロックチェーンを新しい資産として組み込むための基本計画を拡大しようとしています。

驚くことではないが、中国情報通信研究院(CAICT)の何宝宏氏は中国が独自のブロックチェーンを提供することにも楽観的な見通しを示しました。