米国の証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨関連の規制を担当する上級顧問職を創設しました。「公平で秩序立った効率的な市場作り、個人投資家を中心に投資家を守るため」

友だち追加

こんにちは、シュンです。

SECがICOの規制担当の上級顧問職を設置

米国の証券取引委員会(SEC)は4日、仮想通貨関連の規制を担当する上級顧問職を創設したと発表しました。

SECとは

SEC(Securities and Exchange Commission)は米国証券取引委員会のことで、証券市場での投資家の保護と公正な市場を実現させることを目的とした連邦政府機関です。

上級顧問職が新設されるのはSECのデジタル資産とイノベーション部門で、就任するのはバレリー・シュシェパニャク氏です。
シュシェパニャク氏はペンシルベニア大学でエンジニアリングの学士課程を卒業し、ジョージタウン大学の法科大学院を卒業し、1997年から、SECに入職しています。
コーポレート・ファイナンス部門のアソシエイト・ディレクターも兼務します。
SECのプレスリリースによると、シュシェパニャク氏は、「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)と仮想通貨を含む新興のデジタル資産技術に対する米国証券法の適応に関して、SECの全ての部署間での調整役を任されることになる」といいます。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは

資金調達をおこないたい企業やプロダクトチームなどが「仮想通貨を発行して資金を調達する」次世代の資金調達方法です。
ここで発行される仮想通貨は「トークン」と呼ばれます。

以前シュシェパニャク氏は、SECの分散台帳グループのトップを務めていて、最近参加したニューヨークのコンフェレンス「コンセンサス」では、「仮想通貨業界が繁栄するためには投資家の保護が最優先されなければならない」と発言しています。
今回シュシェパニャク氏は、「資本形成を促し、公平で秩序立った効率的な市場を作り、個人投資家を中心に投資家を守るために職務を全うしたい」と話しています。
SEC委員長のジェイ・クレイトン氏は4日、「彼女は希望とリスクの両方を備えるこのダイナミックな分野での私たちの活動、努力を統括するのにふさわしい人物だ」と声明の中で述べ、シュシェパニャク氏を称賛しました。

米規制当局は、イーサリアムを証券に分類すべきかどうかを厳しく精査

SECは仮想通貨を有価証券と位置付けていて、自らの管轄下に置いています。
ただ2月に行われたSECと米商品先物取引委員会(CFTC)の公聴会でSECのクレイトン議長は、これまでSECは全てのICOトークンを有価証券とみなしてきたが、トークンとビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨は区別するべきと強調しました。
この区分を巡って規制関係者の間では意見が分かれていて、イーサリアムは証券という主張もあります。
この場合、イーサリアムの2014年のICOは違法になる可能性があります。
米規制当局は、イーサリアムについて、証券に分類すべきかどうかを厳しく精査しています。
情報筋によると、イーサリアムは規制上「グレーゾーン」にあると規制当局が結論付けたといいます。
おもに問題とされているのは、イーサリアムが14年7月に最初に配布された際の方法です。
イーサリアム財団は、当時まだ珍しかったイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施し、3万1000BTC(当時の価値で約20億円)を超える資金を調達しました。

この資金はイーサリアムのプラットフォームの開発に使用されたことから、規制当局は、イーサリアムの販売は、証券の販売の可能性があると見ています。
多くの投資家が、コインの価値がいずれは上昇すると見込んで購入したであろうことを考慮すれば、なおさら証券の販売だった可能性が高いと認識しています。

イーサリアムがもし証券と見なされれば、米連邦法のもとでは、14年に米国の投資家に販売する前に、米証券取引委員会(SEC)に証券として登録する義務がありました。

SECはICOに関して投資家の保護を強調、仮想通貨投資を証券取引法に準拠

SECは引き続きICOに対して慎重な姿勢をみせていて、2月には証券法違反の疑いがあるとして不正ICO疑惑のある複数の個人や企業に召喚状を送付しました。
これまでのSECの活動にはもっと楽天的なものもあります。
例えば、5月に公開されたSECによるICOサイトのパロディ版である「HoweyCoin」などです。
ICOリスクについて投資家を教育するために、ICO模擬サイトを立ち上げました。

ICO模擬サイト

詐欺ICOの典型的な特徴に対して人々の意識を高め、投資家教育を推進することが目的です。
偽サイトHoweyCoins.comは、「うますぎる投資チャンス」を謳う詐欺ICOの典型例を表現しており、誤解を招く曖昧なホワイトペーパー、利益の保証の確約、有名人の推薦、「生涯最高の投資チャンスが見る間に失われていく」カウントダウン・クロックなど、細部まで作り込まれています。ユーザーが「今すぐコインを購入」をクリックすると、投資家を詐欺から守るためにSECが作ったウェブサイト、Investor.govへ飛びます。
そしてこのサイトは、HoweyCoinsのような投資話に乗ると「詐欺に遭う可能性があった」と警告されます。