ソフトバンク出資の自動車販売サイトを運営するオート1、ブロックチェーン技術を使用した自動車向け融資を提供することに。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

ブロックチェーン技術を使用した自動車向け融資を提供

ドイツの保険グループであるアリアンツとドイツ銀行は、ベルリンに本社を置く自動車販売サイトを運営するオート1と提携し、ブロックチェーン技術を使用した自動車向け融資を提供することになりました。
ドイツ版コインテレグラフが7日に伝えました。

アリアンツ

ミュンヘン再保険(再保険を中心とした保険サービス企業)と双子の関係にある保険会社で、資産運用会社などを傘下に持つ世界有数の金融グループです。
再保険とは、「保険会社が入る保険」のことで、巨大事故などで予測を越える保険金の請求があってもきちんと対応できるよう、別の保険会社に加入して支払いリスクを分散させる方法のことです。

提携した3社は新会社「オート1フィンテック」を設立しており、3社合計で新会社の株式の50%以上を保有しています。

この新しいベンチャー企業は保険商品や、オート1の車を購入する自動車ディーラーのためのローンの借り換えなどを提供する予定であると、Co-CEO(共同最高経営責任者)のハカン・コック氏はブルームバーグとのインタビューで語りました。
オート1はソフトバンクグループの支援を受けている中古自動車のオンライン取引所であり、中古自動車を個人から購入し、それらをディーラーへと転売しています。

ローンの支払いや借り換えの承認はブロックチェーン上に記録されることになります。
新しいプロセスでは、ディーラーの資産が2週間かけて拘束される可能性がある書類に基づいたプロセスを使用するのではなく、ディーラーが購入後すぐに借り換えができることが明示されています。
オート1はこの新しいブロックチェーンプラットフォームが自社の商品の多様化や、顧客のロイヤリティを向上させる助けになることを期待しています。
コック氏は以下のように語りました。
「弊社は資本を自由化し、その結果、弊社の顧客の流動性が高くなる。これはウィンウィンだ」

オート1はインターネット上における中古車の支配的なプラットフォームとなることを目指しています。
彼らは既にドイツでは活動中だが、コック氏によれば今年後半にはフランスとポーランドにも進出する予定だとのことです。
今年に入ってソフトバンク・ビジョン・ファンドはオート1に対し4億6000万ユーロ(5億4000万ドル)の投資を行い、同社の価値をおよそ29億ユーロ(34億ドル)と見積もりました。

他の自動車会社はブロックチェーン技術の活用を試験、単純な金融取引から自動運転サポートまで

世界中の他の自動車会社はブロックチェーン技術の活用を試験しており、その内容は単純な金融取引から自動運転サポートにまで及びます。
メルセデス・ベンツを出している大手自動車会社であるダイムラーAGはパイロット・プロジェクトとして、環境に優しい運転に報酬を与えるためのブロックチェーンを基盤としたプログラムを発表しました。
同社は、スペインで開催されたモバイル・ワールド・コングレス2018で、ブロックチェーンをベースとした独自の仮想通貨「モビコイン」を発表しました。
スピードを抑え、スムーズで安全運転をする優良運転手に報酬として与えられます。

ネットワークに参加する車両からダイムラー社に運転データが送られ、そのデータをもとにモビコインがモバイルアプリに保存される仕組みです。
モビコインを最も獲得した参加者には、DTMレースやメルセデスカップ決勝戦などのイベントへのVIPチケットが贈られるといいます。

3月、アメリカの大手自動車会社であるフォード・モーターズは、交通の流れを管理するためにクリプト・トークンを取引することが含まれる、車両間の通信方式について特許を申請しました。
フォードが17年9月16日に行った特許出願によると、交通渋滞は、交通の流れが「個々の移動時間の好みを重視する人間のドライバー心理によって悪化する」ときに生じるといいます。
特許では、「協調型合流追い越し管理(CMMP)」システムにより、個人の好みへの対処方法が推奨されています。
出願書類では、通信モデルと協調型車間距離維持支援システム(CACC)を搭載した車両が、ほかの車両と通信し、CMMPトークンを交換します。
これにより、車の優先事項を、「交通量の多い道路を走行すること」から切り替えられる可能性が考えられています。
この通信システムを搭載した車両は、個々のトランザクションでCMMPトークンを交換します。

トランザクション

「ここからここまでワンセット」な処理のまとまりを表します。

例えば、ある車両が「速度の遅い車両用の車線を使用」したり、別の車両が「必要に応じて専用車線に合流したり追い越したりする」ことを可能にすることで、交通の整理を図ります。
交通の流れを良くするために個人の移動時間の好みを犠牲にしたドライバーは、他の参加者からトークンを受け取ることができます。
また、あるドライバーが約束に遅れそうな場合は、リクエストを入力し、一定数のトークンを支払えば、その後10分間は車両を追い越すことができます。