配当型の取引所トークンDECOIN 2018年1月のピーク以来、仮想通貨市場は低調なまま、相場が盛り上がらない。そんな逆風にもかかわらず、上昇基調にあるのが仮想通貨取引所が発行するコイン、配当型の取引所トークンであるDECOINにも期待が高まる?

友だち追加

こんにちは、シュンです。

取引所が発行するコインは将来性が高いと人気

仮想通貨取引所は今後も成長することが予想されます。

取引所が発行するコインは将来性が高いと人気です。

例えば大手バイナンス(中国の仮想通貨取引所)は手数料収益の一部を使って、

バイナンスが発行する仮想通貨、Binance coin(BNB)を買い戻し、その価値を高めています。

そんな中、現在開発中の仮想通貨取引所DECOINでは、手数料収益を直接配当としてコイン保有者に還元するといいます。

どんなコインなのか見てみましょう。

取引所コインには夢があるようです。

バイナンスが発行するBNBは上場してから一時200倍まで上昇しました。

取引所ビジネスの将来性を考えると、取引所発行のコインは数ある仮想通貨の中でも有望な部類に入るだろうと言われています。

現在DECOIN(ディーコイン)が開発中なのが「DECOINトレーディング・アンド・エクスチェンジ・プラットフォーム」(通称D-TEP)とされる仮想通貨取引プラットフォームです。

そして同取引所が発行するネイティブコインがDTEPとなります。

BTC(ビットコイン), ETH(イーサリアム), XRP( リップル), BCH(ビットコインキャッシュ), LTC(ライトコイン), DASH(ダッシュ), NEO(ネオ), ADA(エイダコイン), XLM(ステラ)間の取引が可能となるが、いずれは対法定通貨取引も導入される予定があるといいます。

DECOINが展開する独自のブロックチェーンはPOS(プルーフ・オブ・ステイク、保有量証明)を採用します。

DTEPコインの所有量にあわせた配当が支払われる仕組みです。

DECOINでは、取引所の手数料収益の10~20%を流通している自社コインの買い戻しではなく、配当として還元します。

他の取引所で行われているコインの買い戻しが、直接価格上昇に直結するとは限らないため、配当のほうがありがたいと考えるユーザーもいるはずです。

さらに、配当以外にもステーキング(保有)されているDTEPに対する利益や、取引手数料の割引といった形での還元等を通し、できるだけ多くの手数料収益をDTEP保有者にバックしていくようです。

ちなみに、まずは1DTEPが0.9ドルと設定されています。

仮想通貨取引所DECOINのその他の特徴は以下の通りです。

・様々な投資商品を提供:産業セクター別に構築されたCFD(差金決済取引)や仮想通貨インデックス(D-TEPクリプト指数)等も導入。価格の上昇だけではなく下落もトレードチャンスに。

・ソーシャルトレーディング:やり手トレーダーの取引履歴等をフォロー可。トレーダーは情報提供することで仮想通貨を獲得。

・クレジットカード:5種類のクレジットカードを提供予定。

・安全性:多重のセキュリティを配置。資金の97%をコールドウォレットに保管。

・取引速度:D-TEPは最大で100万取引/秒を処理。

・カスタマーサポート:年中無休、24時間営業運営へ。

・コイン発行制限:DTEPの発行量は1.4億コインが上限。うち半分を売り出し。

DECOINの今後のロードマップによると、2018年の第3四半期にはDTEPを海外取引所に上場させ、さらにウォレット

(仮想通貨を大切に保管してくれる場所)もローンチ(新しくサービスを立ち上げる)するといいます。

取引プラットフォームの立ち上げは第4四半期になる見込みです。

上昇基調にあるのが仮想通貨取引所が発行するコイン

2018年1月のピーク以来、仮想通貨市場は低調なままです。

コインチェックにおけるNEM流出事件以来、交換業やICOに対する規制の動きが高まっており、相場が盛り上がらないのが現実です。

そんな逆風にもかかわらず、上昇基調にあるのが仮想通貨取引所が発行するコインです。

仮想通貨の世界は、少額の投資で億単位の利益をえることを夢みる人達を虜(とりこ)にしてきました。

昨年は宝くじのような感覚で数万円ずつ目ぼしいコインを買い暴騰するまで待つという行為が流行っていましたが、

今年1月以来相場はガラリと変わり、倍々コインが少なくなってきました。

そんな中、仮想通貨取引所が発行するネイティブトークンは、事業としての利益が還元される期待値もあり、

多くのトレーダーが目をつける数少ないコインの一種です。

実際、取引所トークンの初回発行時(またはICO時)から2018年6月現在までの騰落率を検証してみると、

その多くが倍々コインとなっていることがわかります。

海外取引所トークン18種を総合的に見ると、2018年1月~5月の間に平均6倍になったという調査結果もあり、

取引所トークンは依然熱いといえるのではないでしょうか。

とはいえメジャーな取引所トークンを発行時で買っておらず、波に乗り遅れた感のある人は多いはずです。

そこで、検討したいのがDECOIN(ディーコイン)です。

取引所トークンの中で唯一、取引手数料から得られた利益を直接保有者に還元するという配当型のコインとなっており画期的です。

ちょむ兄さんがアドバイザーさんがついているので期待大です。

取引所トークンの価値を高める手法として通常は「バーン」と呼ばれる定期的に流通量を減らす方法がありますが、

直接利益を開示しそれを利用者に還元するというモデルは珍しいです。

DECOIN担当者も「長期保有者を多くつくるためには透明性が鍵」としており、開示姿勢にも期待できます。

また、長期投資家獲得の動きも活発化しているようです。

6月6日の週にはDECOINの中心メンバーがシンガポールでファンド向けロードショーを開催する等、アジア地区にも足を運んでいるようです。

戦略的投資家等が今後出てくる可能性もあるようです。

「配当型取引所コインとなるDECOIN。

過去のパターンが参考となるとすれば、これを初期からガチホしてみると面白いかもしれない」などと言われています。

ガチホとは

これは「ガチホールド」の略称として使われています。
「ホールド」は「Hold」。つまり「保有する」の意味です。それに、「ガチ」=「真剣に」「真面目に(マジで)」といった意味の言葉が重なった造語です。
つまり、「ガチホールド」は「本気で保有し続ける」意味として仮想通貨取引で使われています。
仮想通貨取引で「ガチホールド」、「ガチホ」と言えば短期で取引せず長期に渡って保有し続ける意味に使われています。