下落気味な仮想通貨相場の中、年末までにビットコインが5万ドル(約550万円)に到達するという予測をした=ビットメックスのアーサー・ヘイズCEO

友だち追加

こんにちは、シュンです。

ヘイズCEO、年末までにビットコイン5万ドル(約550万円)到達予測

盛り上がりに欠ける仮想通貨相場が続く中、香港をベースとする仮想通貨取引所ビットメックス(BitMEX)のアーサー・ヘイズCEO(最高経営責任者)は、6月30日のCNBCとのインタビューの中で、年末までにビットコインが5万ドル(約550万円)に到達するという予測を譲りませんでした。

ビットメックスは、証拠金に100倍のレバレッジをかけてビットコインを取引するサービスを提供することで知られています。

手元に1万円あったとすれば、100万円分の取引ができてしまいます!

証拠金とは

仮想通貨FXやビットコインFXを行う際に取引所に預ける預託金(担保のような役割)の事を言います。

レバレッジとは

取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。

証拠金にかける「てこ」のようなもので、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表しています。

ヘイズCEOは、先月も同じように年末5万ドルを予測していました。

ヘイズCEOは、ビットコイン価格反発(下落相場が一転して上昇すること)のきっかけは規制当局の動きによってもたらされると主張します。

ビットコイン価格は、3000から5000ドルで底値をつけた後、米国証券取引委員会(SEC)によるビットコインをベースにした上場投資信託(ETF)の承認をきっかけに急反発。

米国証券取引委員会(SEC)とは

証券市場での投資家の保護と公正な市場を実現することを目的に設立された連邦政府機関です。

日本の証券取引等監視委員会(SESC)にあたる機関で、株式や債券など証券取引における違法行為(インサイダー取引)を監視したり、証券取引法規を管理しています。

ビットコインを投資対象にした投資信託が証券取引所に上場することで、誰でも取引できる参入しやすい金融商品として広く認知されるのが大きなポイントです。

これまでも何度か上場申請が行われてきましたが、米国証券取引委員会(SEC)の承認を得られずに却下され続ける結果に終わっています。

年末までに2万ドル、もしくは5万ドルまで急上昇すると予想しました。

またヘイズCEOは、価格変動の度合いは高ければ高いほど良いとした上で、次のように述べました。

「2013年から2015年の間にビットコイン価格は、1200ドルから200ドルに下落した。

一方、2015年から2017年の間には200ドルから2万ドルまで上昇した。

このような大きな価格の変動は過去にもみられたことだ。

今は以前より多くの人々が市場に参加しているからタイムスパンは短くなる」

投資顧問会社のヴァネック、ビットコインETFを米証券取引委員会に申請

ビットコインETF(ビットコインを投資対象にした上場投資信託のこと)に関しては、6月、投資顧問会社のヴァネックとソリッドXパートナーズ社が米証券取引委員会(SEC)に申請しました。

ヴァネックはニューヨーク市を拠点とする投資顧問会社で、運用資産額は380億ドルに上るといいます。

ソリッドXはブロックチェーンソフトウェア開発と金融サービスのプロバイダーです。

これまで米証券取引委員会(SEC)はビットコインETFについて厳しい姿勢を取っており、昨年はウィンクルボス・ビットコイン信託ETFの申請を却下し、今年1月にも十数件の申請の取り下げを求めていました。