ビットコインETF(上場投資信託)承認か拒否かの判断をする日が、8月10日になる可能性があることが分かった。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

ビットコインETFの可否判断は8月10日になる可能性

米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインETF

(ビットコインを投資対象にした上場投資信託)

について承認か拒否かの判断をする日が、

来月10日になる可能性があることが

分かりました。

米国証券取引委員会(SEC)とは

証券市場での投資家の保護と

公正な市場を実現することを目的に

設立された連邦政府機関です。

日本の証券取引等監視委員会(SESC)

にあたる機関で、

株式や債券など証券取引における違法行為

(インサイダー取引)を監視したり、

証券取引法規を管理しています。

 

ビットコインを投資対象にした投資信託が

証券取引所に上場することで、

誰でも取引できる参入しやすい金融商品として

広く認知されるのが大きなポイントです。

これまでも何度か上場申請が行われてきましたが、

米国証券取引委員会(SEC)の承認を得られずに

却下され続ける結果に終わっています。

 

ビットコインETFが

仮想通貨相場にとって

追い風になるという見方は多く、

市場にとって注目の日となりそうです。

 

米証券取引委員会の判断日が

明らかになったのは、

シカゴオプション取引所(CBOE)による

ビットコインETFの申請を受けて

米証券取引委員会が出した文書です。

 

シカゴ・オプション取引所(CBOE)とは

1973年に設立されたアメリカ合衆国のシカゴにある、

世界有数の取引量を誇る

デリバティブ(金融派生商品)取引所をいいます。

 

51ページのⅢ には次のような文言が書かれています。

 

「申請されたルール変更が有効になる日と

委員会が判断する日に関して

連邦官報(政府機関の告示等が掲載される)

にこの届けが出されてから45日以内、

もしくはそれより長い期間内に

 

(Ⅰ)委員会は必要に応じて

またその時は理由を公表して

最大で90日間を判断に要するかもしれない

 

(Ⅱ)取引所が同意するものに関して、

委員会は

(a)ルール変更の提案を承認するか、

拒否する、もしくは

(b)ルール変更の提案が拒否されるべき理由

について書かれた議事録を作成する」

 

この文書が出されたのは6月26日であるため、

その45日後は8月10日です。

 

さらに45日の延長があったとしても

9月24日までにビットコインETFについて

判断が下されることになります。

ビットコインETFに関する一般人からのコメント SECが受付開始

先日米証券取引委員会は、

ビットコインETFに関する

一般コメントの受け付けを開始しました。

 

米国市民が対象といいますが

オンラインや手紙でコメントできるように

なっているため、

ビットコインETFについて

日本人の意見も届けることはできるようです。

 

米国の政府機関は、

国の行く末に影響を与える

全ての事柄について

市民の意見を聞く義務があり、

議会を通して聞くか、直接聞くか、

選択肢があるといいます。

 

「このETFを全ての投資家にオープンにしてくれ」

「仮想通貨の投資家として

規制されたETFは投資家保護につながる」

といった声が出ているようです。

低調な仮想通貨相場が続く中、何故ビットコイン年末5万ドル予想をかたく守って譲らない?

ビットコインETFに対する

市場関係者の期待は大きく、

先月末には香港の仮想通貨取引所

ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOが

米証券取引委員会によるビットコインETF承認を

きっかけに年末のビットコインの価格は

5万ドル(約550万円)をつけると予想しました

ヘイズCEOは、

ビットコイン価格反発

(下落相場が一転して上昇すること)

のきっかけは規制当局の動きによって

もたらされると主張します。

 

ビットコイン価格は、

3000から5000ドルで底値をつけた後、

米国証券取引委員会による

ビットコインをベースにした

上場投資信託(ETF)の承認を

きっかけに急反発。

 

 

年末までに2万ドル、

もしくは5万ドルまで急上昇すると予想しました。

 

またヘイズCEOは、

価格変動の度合いは

高ければ高いほど良いとした上で、

次のように述べました。

 

「2013年から2015年の間に

ビットコイン価格は、

1200ドルから200ドルに下落した。

 

一方、2015年から2017年の間には

200ドルから2万ドルまで上昇した。

このような大きな価格の変動は

過去にもみられたことだ。

今は以前より多くの人々が

市場に参加しているから

タイムスパンは短くなる」

個人的には年末にビットコイン1000万円予想していますので、

頑張ってもらいたいです。