7月17日の仮想通貨相場は前の日からの上昇ムードを継続。ビットコインは約1カ月半ぶりに80万円台を回復した。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

ビットコインは7000ドルを突破、好材料が相次いだことが背景にある

ビットコイン価格が上昇しています。

 

仮想通貨交換会社ビットフライヤーによると、

18日12時時点で、

1ビットコイン=84万円台に

上昇しています。

約1カ月半ぶりに80万円台を

回復しました。

 

前日の午後6時時点では

75万円前後で推移しており、

買い得であるという感じからの

買いが流入した様子です。

 

これを受け、

仮想通貨関連株に見直し買いが

流入しています。

 

世界最大のETFプロバイダーである

ブラックロック社がビットコインに

興味を示すなど、

好材料が相次いだことが

背景にあるとみられています。

 

ビットコインは過去24時間で

8%以上の上昇です。

 

月間と週間でみてプラスになっています。

 

7月8日にみせた急上昇を上回る

ペースの上昇幅を記録することに

なりました。

 

イーサリアムは、

24時間でほぼ4%上昇しています。

 

週間では8%ですが月間で見ると

まだ6%のマイナスとなっています。

 

過去24時間で仮想通貨時価総額

トップ10の全てがプラスとなりました。

 

匿名通貨のモネロは、

時価総額トップ20の中で

最も上昇幅が大きく、

過去24時間でほぼ9%の上昇です。

 

リップルの過去24時間の動きは

ビットコインと連動する形で、

ほぼ6%の上昇です。

 

17日は6.3兆ドルの資産を運用する

ブラックロック社が、

ビットコイン投資の可能性を

評価し始めたという

ニュースが流れるなど、

相場にとって積極的な材料が

相次ぎました。

 

ブラックロック社の動きに関しては、

今後、機関投資家が

仮想通貨相場を押し上げるのではないか

という観測を裏付けるものとなり、

注目されました。

19年のCFA試験に仮想通貨とブロックチェーンの題目が追加

また世界的に有名な

チャータード・ファイナンシャル・アナリスト

(CFA:CFA協会認定証券アナリスト資格は

世界の金融界で通用する

投資プロフェッショナルの資格です​)は、

金融専門家の資格取得のための試験に

仮想通貨とブロックチェーンの追加を

決定しました。

 

CFA協会が運営する試験は

3つのレベルに分かれており、

全世界で15万人以上の

金融の専門家が資格を

取得しているといいます。

 

CFAの試験をパスするには

300時間の勉強時間が必要だと言われています。

 

今回、レベル1とレベル2の

カリキュラムの仮想通貨と

ブロックチェーンが加えられます。

 

CFAは調査を通じて

「関心が盛り上がっている」ことが、

今回の決定につながったと

説明しているといいます。

 

CFA協会でカリキュラムの責任者を務める

スティーブン・ホラン氏は、

次のように語っています。

 

「〔仮想通貨とブロックチェーンの〕分野は

ほかの分野に比べてより速く進んでいる。

 

私たちは、

この分野が今後も存続していくものだ

とみている。

これは単なる流行ではない」

 

今年6月の試験には

91の国と地域から22万7031人が受験しました。

 

金融業界の主流派の間で

仮想通貨の知識が

普及するきっかけになるという

見方が出ています。

米コインベースの証券会社3社の買収承認

さらに米国の仮想通貨取引所大手の

コインベースが、

米証券取引委員会や金融取引業規制機構

から証券会社3社の買収について

承認を得ました。

 

これにより、

証券とみなされているトークンの

取引が可能となることも

好材料となりました。

 

コインベースは、

正式に規制された仮想通貨の

ブローカーディーラーとなる上で

大きな前進をした事になります。

ブローカー・ディーラー(Broker-dealer,B/D)とは

米国証券取引委員会によって

与えられる免許のことです。

 

免許保有者は、

顧客の勘定で証券を売買する

資格を付与されます。

 

証券会社はまた、

本人あるいはディーラーとして、

手持ち株を取引することができます。