7月18日の仮想通貨相場は上昇を続け、ビットコインはここ2、3日で1000ドル上昇。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

18日の仮想通貨相場、ビットコインは2日間で1000ドル上昇

7月18日の仮想通貨相場は上昇を続け、

過去24時間で見ると

時価総額トップ100うち

実に98の仮想通貨がプラスでした。

 

ビットコイン価格に対する

新たな強気発言もあり

ビットコインが引き続き上昇した他、

ステラやカルダノなども

相場を引っ張りました。

 

ビットコイン(BTC)は、

ここ2、3日で1000ドル上昇しました。

 

7542ドルの高値をつける場面もありました。

 

ビットコインの価格は

過去24時間で約10%上昇、

過去1ヶ月で見ると約15%のプラスでした。

 

イーサリアムは、

過去24時間ではほぼ4.5%の上昇で、

18日の高値は526ドルでした。

 

仮想通貨相場全体の時価総額は

2960億ドルを突破し、

ビットコインが7000ドル以下だった

6月11日以来の高値をつけました。

 

7日間で400億ドルもプラスに

なったことを示しています。

 

過去24時間でステラとカルダノの

上昇幅が大きく、

それぞれ約30%と21%上がりました。

 

ステラは1週間で約59%上昇しました。

ステラの技術とネットワークがシャリーア適合認証を取得

時価総額で第7位の

仮想通貨ステラ (XLM)を運営する

ステラ・デベロップメント・ファンデーション

は17日、

ステラの技術とネットワークが

立法者であるアッラーが

人類に示した規範

シャリーア(イスラム法)適合認証を

取得したと発表しました。

 

イスラム金融世界における

ステラのエコシステム拡大が

期待されています。

米ドル連動の安定した通貨 IBMがテスト開始

IBMは今月17日、米国と連動する

ステーブルコイン(安定通貨)の発行に

ステラのネットワークを使用する計画を

明らかにしています。

 

IBMはこれまでステラネットワークで

法定通貨の交換を行う時に、

法定通貨間のレートの変動や

ステラの価格の変動幅の比率の高さに

悩まされてきたと話しました。

 

ステーブルコインは

上記のような問題を解決できて

法定通貨のデジタル版となり得るので

「コスト削減の上で大きな役割を果たす」

と期待しているといいます。

 

 

一方カルダノは、

過去7日間で約41.5%のプラスでした。

 

米仮想通貨取引所コインベースは14日、

ステラとカルダノを含めた5通貨を

新たに上場させる可能性を

ほのめかしています。

投資家ラスリー氏、取引が簡単になりビットコインは4万ドルに達すると予想

18日には今後のビットコイン価格に対する

強気な見解がまた飛び出しました。

 

億万長者であり投資会社

アベニュー・キャピタル・グループの

共同創業者であるマーク・ラスリー氏が

ビットコインは「主流」になりつつあり

4万ドル(約450万円)をつける可能性が

あると話しました。

 

ラスリー氏によると

ビットコインの取引が簡単になっており、

これがビットコインの価格を

押し上げるだろうと述べました。

 

「ビットコインが

主流・主軸となるにつれ、

市場はより自由に取引できる

ようになるだろう。

それは私にとって賭け以上のものだ」

 

「ビットコインの投資家は3〜5年以内に、

5〜10倍儲ける」

ことになるといいます。

 

ラスリー氏は以前、

ビットコインをもっと以前に

購入しなかったことへの

後悔を述べいていました。

 

また、資産の1%を

ビットコインに変えたと言われています。

 

ビットコインに投資する理由は、

「いずれみんなが購入することになるものだから」

といいます。

 

仮想通貨について議論を呼ぶ人物である

ジョン・マカフィー氏は、

ビットコインは20年までに

100万ドルになると述べています。