7月23日の仮想通貨相場は、ビットコインと主要アルトコインの動きはそむき、はなれている

友だち追加

こんにちは、シュンです。

23日の仮想通貨相場、ビットコインと主要アルトコインとの運用成績に背き、離れている

7月23日の仮想通貨相場は、

16日に始まった上昇相場の流れに乗って

変化したものの、

ビットコイン(BTC)と主要アルトコインとの

運用成績にそむき、はなれているのが見えました。

 

 

仮想通貨市場の時価総額に占める

ビットコインの割合は、

去年12月以来の標準の高さを記録しました。

 

ビットコインは、

執筆時点で7746ドルで変化していて、

過去24時間で3.17%上昇しました。

 

仮想通貨市場の時価総額に占める

ビットコインの割合は、

46%を超えて今年最高、

去年12月22日以来の標準の高さになりました。

 

当時のビットコイン価格は、

約2万ドルでした。

 

また週ベースと月ベースで見ても

ビットコインはプラスになっており、

それぞれ約15.8%と24%を記録しました。

 

一方 イーサリアム(ETH)は、

最近の上昇幅を持ちこたえることができず、

執筆時点で451ドルで取引をしています。

 

過去24時間で2.55ドル下落しました。

 

18日に510ドルをつけましたが、

20日には444ドルまで下げていて、

現在少し持ち直した形です。

 

イーサリアムは、

週ベースで見ると5.66%、

月ベースだと6.42%のマイナスを記録しています。

 

仮想通貨の時価総額トップ10のうち、

ビットコイン以外は全て

過去24時間で1〜5%下落しました。

 

IOTA(MIOTA)は3.7%のマイナスで

執筆時点で約0.95%で推移している一方、

カルダノ(ADA)は、

ほぼ3.68%下落し0.16ドル付近で

取引しています。

 

時価総額トップ20を見てみると、

匿名通貨のモネロ(XMR)の上げ幅が

4.24%のプラスと最も高く、

現在は1.35%付近で変化しています。

 

現在の仮想通貨市場全体の時価総額は、

約2840億ドルです。

 

今週の高値である2990億ドルからは

減少しています。

ブロックチェーンは次の金融危機を回避するカギ

23日には、

米国の金融大手銀行の

JPモルガン・チェースの

元副社長であるパン・ファードン氏

からブロックチェーンは

「次の金融危機を回避するための

鍵になるかもしれない」

という重要な発言が出ました。

 

ファードン氏は、

2008年に経験した金融危機から

ブロックチェーンに大きな可能性を

見出しています。

 

「当時は13人が400億ドル以上の

資産を管理していたんだ。

 

2008年の金融危機の最悪の時は、

一日に平均で3億ドルもの損失が

発生していたよ。

 

ブロックチェーン技術が

次の世界的な金融危機を回避する

鍵になるかもしれないと

次第にわかってきたよ」

 

ファードン氏は、

ブロックチェーン技術は

「まだ発展途上」としながらも、

仲介人を必要としない仕組みや

透明なシステムが

世界的な金融危機のリスクを削減し、

「最も低価格で信用の仕組みを作り上げる」

役割を果たすかもしれないとみています。

中国・南京市、ブロックチェーン向けに約1640億円のファンドを設立

また、これまで

仮想通貨資産に消極的だった

中国からも積極的なニュースが届きました。

 

23日中国の南京が

ブロックチェーン技術発展のために

14億ドル8000万ドル(約1640億円)の

ブロックチェーン投資ファンドを

立ち上げました。

G20共同声明:仮想通貨へのFATF規制、10月までに明確化求める

さらに注目されていたG20も、

慎重な見方が必要である一方、

おおよそ仮想通貨に対して

好意的な姿勢が示されました。

 

共同声明の中で、

マネーロンダリング対策などの

政府間機関である、

金融活動作業部会(FATF)に対して、

仮想通貨の国際基準をどのように

適用するのかを

10月に明確化することを要請しました。

 

金融活動作業部会は報告書の中で、

顧客デューデリジェンス

(顧客等の本人確認、その事物が持っている性質の認定、

確認および精査)

や送金サービス、

仮想通貨提供者や事業体へのとり行う方法

などの分野について、

どのように定義・提案するのかを

明確にする必要があると

報告書の中で指摘しています。