8月9日仮想通貨市場は下落した相場がはね上がり、ビットコインは3.2%増の6500ドル

友だち追加

こんにちは、シュンです。

8月9日仮想通貨市場は下落した相場がはね上がり、ビットコインは3.2%増の6500ドル

8月9日、

仮想通貨市場は前日までの

下落から相場ははね上がりました。

 

 

8月8日、

仮想通貨市場全体の時価総額は

2190億ドルで、

昨年11月半ば以降で最低のレベルまで

落ち込みました。

 

 

今日の反発で

ほとんどの主要仮想通貨は

上昇しています。

 

ビットコインは

6500ドル付近で取引されています。

 

前日から3.2%上昇しました。

 

6229ドルから6528ドルへと

2時間で300ドル近く上昇しました。

 

現在は少し調整しましたが、

24時間で安値の6144ドルから

330ドル高くなりました。

 

ビットコインは1週間で14%、

月間では3.5%下落しています。

 

ドージコインの創設者

ジャクソン・パルマー氏は、

米国規制当局が7日、

ビットコインETFの承認可否の決定を

延期したことにより

市場が下落したとの考えを示しました。

 

 

ライトコインの創業者

チャーリー・リー氏は、

弱気市場(市場が下落の傾向を続け、

反発するという見方が

ほとんどない時)

の時は、

仮想通貨導入に向け動くのに

最適な時期であると述べています。

 

 

イーサリアムは363ドルで、

前日から1%上昇しました。

 

ビットコインと同様に少し調整し、

2時間で352ドルから367ドルへの上昇。

 

1週間の損失は11%、

月間損失は24%となっています。

 

コインマーケットキャップ によると、

上位20通貨のうち1つを除いて

上昇しています。

 

上昇率は1〜9%です。

 

最も伸びたのはカルダノで、

8%増の0.12ドルとなっています。

 

ステラ、イオス、アイオータ(IOTA)は

4〜7%上昇しました。

 

イーサリアムクラシックのみが

下落しています。

 

 

7日にコインベースへの上場が発表され、

価格が大きく上がりました。

 

現在は2%下落の15.04%で

取引されています。

 

仮想通貨市場全体の時価総額は

2286億ドルで、

前日の2190億ドルから90億ドル

増加しました。

 

米の仮想通貨投資会社

パンテラ・キャピタル

(米のブロックチェーンに

投資を行うファンドです。

2013年からビットコインの

将来性を見出し、

10000%の驚異的なリターンを

得たことも発表されています。)

ダン・モアヘッドCEOは、

仮想通貨市場の動きに対し、

ビットコインETC承認の延期などに、

投資家が「過剰反応」であると

意見を述べています。

 

9日、

著名なビットコイン分析の

専門家であるブライアン・ケリー氏が

「SECが9月末まで

審査期間を延長したが、

さらに先延ばしされる

可能性も非常に高い」とし、

市場にとって

今のビットコインETFは

時期尚早といえ、

最終結論までには

時間を要するとの見方を

示しました。

 

上場を認めないとしたものではなく、

必要以上悲観視すべきではない

とも強調しています。