リップルが「イチ押し!」夏の読書一覧、「イノベーションのジレンマ」など3冊

友だち追加

こんにちは、シュンです。

リップルが「イチ押し!」夏の読書一覧、「イノベーションのジレンマ」など3冊

夏休みにはゆっくりと

読書という人もいるでしょう。

 

毎日繰り返される

普段の生活から離れて、

新しい知識を取り込むには

いちばん適している時期です。

 

そんな夏の読書の参考にと、

リップルはブログに

夏の読書一覧を発表しています。

 

リップルは、

「実際の活用事例にブロックチェーンを

導入することの重要性は、

科学技術そのものの歴史への深い知識、

ビジネスと経済の幅広い知識が必要だ」

と指摘しています。

 

この知識を埋めるための本として、

リップルは次の3冊を紹介しています。

 

1.「イノベーションのジレンマ」

 

 

ハーバードビジネススクールの

クレイトン・クリステンセン教授が

書いた

『イノベーションのジレンマ

-技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』。

 

破壊的イノベーションについて書かれた、

ベストセラーです。

 

アップルのスティーブ・ジョブス氏が

愛読していたといわれています。

 

リップルは

「この本は、読者にとって

自分の業界について

批判的に考える挑戦となるだろう。

そしてビジネスについて

自分自身の内面を省みる事を

考えさせてくれる」と

イチ押し!しています。

 

2.「最新プラットフォーム戦略 マッチメイカー」

 

 

デヴィッド・エヴァンス氏と、

リチャード・シュマレンジー氏の

2人の経済学者が、

アマゾンやグーグルといった

巨大企業をはじめとする

プラットフォーム企業の

成功事例を紹介した

「最新プラットフォーム戦略 マッチマイカー」

を取り上げています。

 

実際の事例をもとに

どのようなプラットフォーム戦略を

取るべきかを解説した本ですが、

リップルは

「ビジネスリーダーと起業家のための

読書リストの最上位にある本だ」

と取り上げています。

電子書籍版もあります。

 

 

 

3.The Truth Machine

 

 

ウォールストリートジャーナルの

記者であるポール・ヴィグナ氏と

マイケル・キャセイ氏による

『The Truth Machine:

The Blockchain and the Future of Everything』(未訳)。

 

リップルは、

この本が

「分散化された新しい技術が、

我々が想像する以上に

幅広く経済学を変える可能性を

指摘してくれる」とイチ押し!。

 

「ブロックチェーンを使った

有望なプロジェクトを紹介し、

それがいかに画期的なのかを

読者に伝えている」

と紹介しています。

イノベーションのジレンマは過去に読んだことあったのですが、この機会にもう一度読み直してみたいと思います。