米国証券取引委員会が「ビットコインETF」拒否判断を再審査、仮想通貨市場は許可が実現できる見込みがあるのか注目されている

友だち追加

こんにちは、シュンです。

米国証券取引委員会が「ビットコインETF」拒否判断を再審査

24日日本時間早朝、

SEC(米証券取引委員会)が

前日に否決した

9つのビットコインETF

(上場投資信託)について

再審査を行うとする

文書を公表しました。

 

これを受け、

主要仮想通貨が買い戻されていると

みられます。

 

昨日、米国証券取引委員会は、

プロシェアーズ、グラナイトシェアーズ、

ディレクシオンの計9つの

ビットコインETF申請を却下する

公式通知を出しましたが、

 

本日、米国証券取引委員会の

秘書長を務めるBrent Fields氏から

NYSEグループとCboe Global Markets

(各ビットコインETFの提供先)

宛ての3つのレターが公表され、

「8月22日(日本の時間8月23日)の

(否決)判断は、

当委員会が改めて判断を下すまで

”保留”扱いにする」

と記されています。

 

この発表を最初に伝えたのは、

米国証券取引委員会の

コミッショナーの一人である

へスター・ピアース氏です。

 

一部の仮想通貨コミュニティーから

「クリプト・ママ」と尊敬されています。

 

先月末に米国証券取引委員会が

ウィンクルボス兄弟が

申請していたビットコインETFを

拒否をした際、

ピアース氏は異を唱えていました。

 

「米国証券取引委員会は

法令が定める範囲を超えて

行動してしまっている。

 

我々が検討すべきは、

ETP(上場取引型金融商品)が

取引される市場であって、

その背後にある

ビットコインの市場ではない。」

 

「非承認の決定」を

根本から変えるためには、

意思決定権を有する

コミッショナーの過半数が必要なため、

「ビットコインETFが、

再審査によって一転して

承認される可能性」は

決して高くはないと思われますが、

 

このように米国証券取引委員会の

コミッショナーから不服とする

反対意見が出され、

再審査になったという事実は、

非常に重要な意味を持つと

考えられるといわれています。

 

 

この他、

アメリカの仮想通貨交換所大手

・ビットレックスが

リップルとイーサリアムクラシック

(ETC)のドル建て取引を

開始したことも

相場をサポートしているようです。

 

これまでは、

BTC建てでしか取引出来ませんでしたが、

法定通貨からの資金流入が増加することで、

流動性の大幅向上を期待できます。