9月6日の仮想通貨市況、米国ゴールドマンサックスのBTCトレーディングデスク取引提供計画の一時中止との報道で下落を誘う

友だち追加

こんにちは、シュンです。

9月6日の仮想通貨市況、米国有名大手投資銀行ゴールドマンサックスのビットコイントレーディングデスク取引提供計画の一時中止とのニュースで下落を誘う

6日午前9時40分現在、

 

ビットコイン(BTC)は

1BTC=73万円前後

(過去24時間比11.37%安)

と急落しました。

 

米国有名大手投資銀行

ゴールドマン・サックスが

計画していたとされる

ビットコイントレーディングデスク

を開設する計画、

(仮想通貨に焦点を当てた

専門ユニットを作る計画)

について

一部の海外メディアが

「設置を取りやめる方針」との

報道が影響してか、

ビットコインは大幅に下落しました。

 

仮想通貨に対する法的規制などの

先行きが不明瞭な状態であるため、

計画中の

ビットコイン取引デスクの開設を後にし、

 

仮想通貨カストディ(保管)・サービスなどの

商品に関心を移し、

機関投資家の代わりに

巨額ファンドの保管や

価格変動の追跡を担うと思われます。

 

一方で、

現時点では結論に達していない

とする報道もあります。

 

ビットコイン以外の仮想通貨も、

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万5000円前後

(同23.70%安)、

 

リップル(XRP)が

1XRP=31円前後

(同16.45%安)

などと急落しています。