10月16日の仮想通貨市況、相場が全般的に高い傾向にあるにもかかわらず、テザーだけが安い状態

友だち追加

こんにちは、シュンです。

10月16日の仮想通貨市況、相場が全般的に高い傾向にあるにもかかわらず、テザーだけが安い状態

主要仮想通貨は16日12時55分現在、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=73万8067円

(過去24時間比4.53%高)、

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万3336円

(同6.41%高)、

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=50.1円

(同9.63%高)

とほぼ足並そろえて高くなっています。

 

 

ビットコインが

たびたび跳ね返されていた

上値抵抗水準を示す

テクニカルラインを上回ったことで

少しずつ上昇を始め、

相場を押し上げているようです。

 

 

一方、

主要仮想通貨の中で

唯一売り圧力が買い圧力よりも

上回っているのがテザー(USDT)で

過去24時間比0.90%安、

円やドル、

ビットコインに対し

多少とも下がる傾向を示しています。

 

 

前週、

テザーを取り扱う大手仮想通貨取引所

ビットフィネックスに

破産懸念が浮上、

取引銀行との関係に対する

疑念が高まっている他、

規制面での対応がしっかりしている

ジェミニドル(GUSD)のほうが

テザーよりステーブルコインとしての

メリットが大きいとの見方が

出ていることが

テザー売りにつながっている

とみられます。

 

 

市場の信頼の喪失が

売却を招いた可能性が

指摘されています。

 

 

米ドルによって

1:1に裏付けされると主張するテザーには、

透明性が十分に確保されていないため、

投資家は「信用を失っている」といいます。