10月19日の仮想通貨市況、取引されるほとんどの通貨が値下がりしている状態の中、テザーだけが高くなる

友だち追加

こんにちは、シュンです。

10月19日の仮想通貨市況、取引されるほとんどの通貨が値下がりしている状態の中、テザーだけが高くなる

主要仮想通貨は19日9時20分現在、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=72万7271円

(過去24時間比1.18%安)、

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万2814円

(同2.18%安)、

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=51.5円

(同2.16%安)

とどれもこれも値を下げ、

ほとんどの通貨の価格が

値下がりする状態となっています。

 

 

 

ただ、

テザー(USDT)は

過去24時間比0.26%高

と時価総額上位20通貨の中で

唯一基準とする価格よりも

上の価格帯にあります。

 

 

 

18日は中国株や米国株式相場など

主要株式相場が軒並み下落し、

欧州債市場では、

イタリア債が下落、

記者殺害疑惑のサウジアラビアを巡る

地政学リスクが高まりました。

 

 

 

リスク資産が総じて売られ、

為替市場では対主要通貨で

ドルも円も何となく

上がりそうな気配がある展開となりました。

こうした中、

米ドルと1対1で連動する

ステーブルコインとして知られる

仮想通貨テザー(USDT)に一部資金が

流入している可能性があります。

 

 

 

この他、

ウォール街でも最も知名度が高いと言える

投資銀行のゴールドマン・サックスと

同社OBの有名投資家

マイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏が

米仮想通貨カストディアン

(保管サービス)のビットゴー(BitGo)に

約1500万ドル

(約16億8400万円)を

出資したことが話題となりました。

 

 

 

ビットゴーはこれまでに

約7000万ドルの資金を

調達したとされ、

今回のゴールドマンなどからの

巨額出資により

機関投資家や富裕者層の莫大な資金が

流入するとの見方も出ています。