11月15日の仮想通貨市況、ビットコイン(BTC)6000ドルを割り込み、今年最安値  リップル(XRP)急落も時価総額で2位に上がってくる

友だち追加

こんにちは、シュンです。

11月15日の仮想通貨市況、ビットコイン(BTC)6000ドルを割り込み、今年最安値 リップル(XRP)急落も時価総額で2位に上がってくる

主要仮想通貨はほとんどの通貨が

値下がりしている状態となっています。

 

 

ビットコイン(BTC)が

15日はじめの段階にドルベースで

1BTC=6000ドルを割り込み、

今年度の中で一番安い状態

になっています。

 

 

市場を形成する要因とされるものが悪化し、

午前9時30分現在では、

ビットコインが1BTC=65万444円

(過去24時間比9.94%安)

と急速に大きく下げています。

 

 

また、

この急速に大きく下げた相場の中で

リップル(XRP)が

時価総額2位に上がってきましたが、

1XRP=53.4円

(同7.51%安)

といま一つ物足りない感じです。

 

 

同3位に後退したイーサリアム(ETH)は

1ETH=2万669円

(同11.84%安)

と2ケタさがりました。

 

 

 

ハードフォークを16日に控え、

仮想通貨取引所OKExでの

ビットコインキャッシュ(BCH)

先物取引が停止したこと、

また、2018/11/14 10:00amUTCに

清算が開始されることを

急遽発表したのを

きっかけに売りが加速した

ビットコインキャッシュ価格は

1BCH=4万9658円

(同14.81%安)

と一気に下落に転じました。

 

 

一部のマイナーが

ビットコインキャッシュ分裂後、

2つのコインの価格が上昇するという期待から、

ビットコインを売っているとの

見解も出ています。