11月19日の仮想通貨市況、XRPは上昇傾向に、Coinbase Custodyが取扱開始へ

友だち追加

こんにちは、シュンです。

11月19日の仮想通貨市況、XRPは上昇傾向に、Coinbase Custodyが取扱開始へ

19日午前9時35分現在の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=63万3000円前後

(過去24時間比1.1%高)、

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=57円前後

(同3.8%高)、

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万9900円前後

(同1.5%高)

などとなっています。

 

 

ビットコインやイーサリアムは

年初来安値範囲で上下を繰り返して

上昇するか下降するか

全く見当が付かない状態が続いています。

 

 

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の

ハードフォークにまつわる売りは

ひとまわりしたものの、

前の高値に近づく雰囲気に

なるような材料が少なく不足がちです。

 

 

 

一方、XRPは

米最大級の暗号資産系サービス業者

Coinbase(コインベース)が、

機関投資家向けにカストディ業務を行う

Coinbase Custody(コインベース・カストディ)で

Ripple(リップル)のXRPを

取り扱い始めたことが

相場の先行きにプラスになると

評価されているようです。

 

 

 

同社は、

今年8月にXRPを含む多数銘柄や

ERC-20トークンを

カストディ業務で取り扱うことを

検討していると発表しており、

今回はその予定通りXRPを導入する形

となったもようです。

 

 

カストディ業務とは、

金融機関などの大型投資家の代理人として

資産の管理を代行するサービスのことを

指しています。

 

 

 

この他のアルトコインでは、

NASDAQ(ナスダック)上場企業の子会社と提携した

ファクトム(Factom:FCT)が

引き続きおおきく値を上げた状態です。

 

 

前週半ばから後半にかけて

約4倍と急騰したNasdacoin(NSD)は

利食い売りに押されてやや下落気味です。