仮想通貨草コインでローリスクハイリターンを狙う方法その6【Verge バージ(XVG)】

友だち追加

こんにちは、シュンです。

では前回に引き続き草コインシリーズ第6回目です。前回の記事はこちら

 

今回は個人的に好きな通貨のご紹介です。

 

Verge バージ(XVG)

 

基本データ

公式サイトhttps://vergecurrency.com/langs/ja/

ツイッター @vergecurrency

時価総額ランキング 76位

最大発行枚数 14,297,341,638 XVG

流通枚数 16,555,000,000 XVG

取扱取引所 Bittrex、Binanceなど

Verge(XVG)とは

ビットコインの発案者であるサトシ・ナカモト氏の思想を受け継ぎ、

 

匿名性・透明性・オープンソースを重視した仮想通貨。

 

「レイス・プロトコル」と呼ばれる仮想通貨史上初の匿名化切り替え機能で利用者にプライバシーの選択肢を提供します。

 

徹底的に実利用にフォーカスし、ネクストビットコインを目指しています。

 

他の仮想通貨との違い

 

プライバシーの保護に優れている

 

ビットコインを初めとした多くの仮想通貨は、

 

全ての決済情報をオープンなブロックチェーン上に記録・保持しており、

 

誰もがその中身を確認することができます。全ての取引情報は開示され、

 

事実上改ざんや隠ぺいが不可能なことが大きなメリットです。

 

しかし今後、こうした取引の透明性がデメリットとなるケースがあります。

 

個人や企業が決済や送金に仮想通貨を利用する場合、

 

決済の取引先、履歴、資産の残高を、悪意ある第三者や敵対企業から簡単に把握されてしまいます。

 

個人間の送金でも、誰かに送金を行った場合、

 

相手の送金先アドレスをブロックチェーン・エクスプローラで送金履歴を辿っていけば、

 

資産の全容を把握することができてしまいます。

 

Vergeを始めとして「Zcash」「Dash」「Monero」などの匿名通貨は、

 

それぞれ独自の技術を用いて、ユーザーのプライバシー保護に取り組んでいます。

 

その中でもVergeは、完全な送金履歴の秘匿、あるいはオープンな取引の両方をひとつのブロックチェーン上で切り替えができる唯一の通貨です。

 決済速度

実生活での決済利用において、ビットコインをはじめ多くの通貨が抱える問題が、この決済スピードです。

 

ビットコインだと送金から着金まで、ネットワークの混雑状況によって十分〜数時間かかるのが実態です。

 

例えば店頭でビットコイン決済を選んだ時に、レジで決済が終了するまで数時間かかったらどうでしょうか。

 

ECサイトだと、送金待ちの間に在庫切れが発生することもあるかもしれません。

 

Vergeは決済速度は非常に速く、数秒〜数分で完了します。継続的にネットワークを改善し、

 

これからも速度改善に努めます。

 

スケーリング

 

ビットコインのブロックチェーンは、クレジットカードのように世界中のユーザーの決済を同時に大量に処理することに長けていません。

 

つまり、世界中でビットコイン決済のユーザーが増えれば増えるほど、

 

ビットコインの決済スピードは著しく遅くなり、不便な通貨になっていきます。

 

仮想通貨のメリットは「いつでも」「どこでも」「簡単に」使えること。

 

Verge開発コミュニティは、既にスケーリング問題への答えを持っており、

 

今後のアップデートで処理能力の大幅改善を予定しています。

 

そしてバージには公認キャラクターのバージリスクがいます。

 

現在は終了してしまいましたが、XVGのプレゼント企画などもあり普及活動が活発です。

 

もう一つのVerge(バージ)の特徴としては、英語の読めない日本人に優しい日本語ブログが用意されいます。

 

日本公式ブログはこちら

 

ブログの方は読んでいただければ分かりますが、癖のある日本語ですw

 

Twitterでもさまざまな方が普及活動されていて愛されているのが分かります。

 

 

 

 

まあ前置きはこのくらいにしてチャート見ていきましょう。

 

現在価格は0.00000070BTCです。

 

前回安値は0.00000067BTCぐらいですのでかなり安値圏といえます。

 

ここを割ったら0.00000056BTCくらいまでいくかもしれませんが、

 

現状かなり買い時だと判断します。

 

最高値は0.00000246BTCですので他の草コインのように10倍が狙えるかは分かりませんが、

 

コミュニティも盛り上がっていて、匿名通貨というこで、

 

匿名通貨3強のZ-CASH、モネロ、DASHなかに分け入っていくことを期待して

 

応援していこうと思っています。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。