1月8日の仮想通貨市況、日本の金融庁が「仮想通貨ETF」承認を検討中だ、とのニュースで一時買い圧力が売り圧力よりも上回る

友だち追加

こんにちは、シュンです。

1月8日の仮想通貨市況、日本の金融庁が「仮想通貨ETF」承認を検討中だ、とのニュースで一時買い圧力が売り圧力よりも上回る

8日午前9時30分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=43万8439円

(過去24時間比1.23%安)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万6550円

(同3.58%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=39.7円

(同1.04%安)など、

売り圧力が買い圧力よりも上回る

展開となっています。

 

 

 

 

米ブルームバーグが7日、

金融庁は仮想通貨ETF

(上場投資信託)

に対する業界の関心度を調査し、

認可する方向で検討していると報じ、

将来の進行状態が

良い結果などになりそうだという期待から

主要仮想通貨が買われる場面がありましたが、

目先的な買い物が一巡して

大方なくなった後は

安くなりました。

 

 

 

 

また、

この日は香港の仮想通貨取引所大手

・ビットフィネックスの

大型メンテナンスが実施され、

相場の動きが一時激しく上下に動きました。

メンテナンスの長時間化を

嫌気がさして売られる状態が

広がったようです。

 

 

 

 

この他、

米仮想通貨取引所大手

・コインベースが

51%攻撃

(悪意のある筋が

ネットワーク全体の採掘速度の51%を支配し

不正取引を行う攻撃)

を受けた

イーサリアム・クラシック(ETC)

の入出金を停止していると

発表したことを受け、

ETCが過去24時間比8.90%安と

大きく下げているのが目立ちます。