1月11日の仮想通貨市況、ビットコイン4000ドルを大幅に割り込む、相次ぐ下げ材料

友だち追加

こんにちは、シュンです。

1月11日の仮想通貨市況、ビットコイン4000ドルを大幅に割り込む、相次ぐ下げ材料

11日午前10時時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=39万9648円

(過去24時間比8.69%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=36.1円

(同10.85%安)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万4070円

(同13.95%安)

と一斉にほぼ安くなる状態となっています。

 

 

 

 

また、

時価総額上位3通貨で

下落幅が拡大したイーサリアム(ETH)は

時価総額3位になり、

リップル(XRP)が

今回の急落で

時価総額2位の座に返り咲きました。

 

 

 

 

BTCは週明け7日から

ドルベースで

1BTC=4000ドル台を維持していましたが、

上がりそうで上がらない状況から

揺り戻しの売りが出て、

10日に4000ドル割れ。

他のアルトコインもつられて

値下がりとなりました。

 

 

 

10日、

中国マイニング大手のビットメインの

創業者である

ジハン・ウー氏とツァン・ケチュアン氏が

退任すると報じられて、

急落の要因にあげられました。

 

 

 

この他、

米政府機関の一部閉鎖が

続くことにより

仮想通貨関連法案の議会審議が滞り、

仮想通貨プラットフォーム「Bakkt(バックト)」の

BTC先物開始や

SEC(米証券取引委員会)による

ビットコインETF(上場投資信託)の

可否判断によくない影響が出ることが

心配されます。

 

 

 

また、

イーサリアムクラシック(ETC)への51%攻撃

(悪意のある筋が

ネットワーク全体の採掘速度の51%を

支配し不正取引を行う攻撃)

への被害が切実で重大な事や、

金融庁の仮想通貨ETFの承認検討報道が

誤報だったことも、

悪材料として考えられます。