1月24日の仮想通貨市況、CBOE、提出していたビットコインETFの申請を取りさげる

友だち追加

こんにちは、シュンです。

1月24日の仮想通貨市況、CBOE、提出していたビットコインETFの申請を取りさげる

24日午前9時30分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=39万2987円

(過去24時間比0.33%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.7円

(同0.65%安)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万2878円

(同0.94%安)

と値動きが

僅かに下降した状態で推移しています。

 

 

 

いずれも週間ベースでは

1%強から5%弱の下落で、

下げ幅は縮小傾向にあります。

 

 

足元で金先物価格は

高値のままで

下がらない状態ですが、

BTCと金先物価格の逆相関性

(一方の因子が増加すると他方が減少するという関係にある)

が強まっているとの

考え方も出ています。

 

 

一方、

ビットコインキャッシュ(BCH)は

1BCH=1万4403円

(同2.99%高)で

週間ベースでも

基準とする価格よりも

上の価格帯となるなど

買いの状態が保たれています。

 

 

 

中国の仮想通貨マイニング大手の

ビットメインが

昨年11月に発生した

ハードフォーク

(BCHとビットコインSVに分裂)

について

「ハッシュ戦争はなかった」とし

ライバルのビットコインSVへ

エールを送ったことが、

好感されているようです。

 

 

 

この他、

CBOE(シカゴ・オプション取引所)が

1ヵ月以上続く

米政府機関の一部閉鎖を理由に

SEC(米証券取引委員会)に

提出していた

ビットコインETF(上場投資信託)の

申請を取り下げたことや、

 

 

ビットコイン懐疑派の急先鋒

(きゅうせんぽう:先頭に立って主張したりする人)

と知られていた

米大手金融機関JPモルガン・チェースの

ジェイミー・ダイモンCEO(最高経営責任者)が、

ビットコインが

最高値から80%下落していることについて

満足できないと発言したこととは別に

ただ、

裏付けとなる

ブロックチェーン技術は

改めて高く評価。

 

 

既存の株式トレードの仕組みを

覆すほどにはならないが、

一部のオンライン・データベースにとって

良い代替になるだろうと

述べたことなどが

話題となっています。