1月25日の仮想通貨市況、ビットコインETF申請取り下げの影響はわずかである

友だち追加

こんにちは、シュンです。

1月25日の仮想通貨市況、ビットコインETF申請取り下げの影響はわずかである

25日午前9時50分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=39万5681円

(過去24時間比0.69%高)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.9円

(同0.78%高)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万2898円

(同0.16%高)

と値動きが僅かに

上昇した状態で推移しています。

 

 

 

24日、

CBOE(シカゴ・オプション取引所)が

米政府機関の閉鎖を理由に

SEC(米証券取引委員会)に

提出していた

ビットコインETF(上場投資信託)の申請を

23日に取り下げていたことが

話題となりましたが、

元々、

SEC(米証券取引委員会)によって

承認される可能性が低い

という見方が出ており、

今回、

ビットコインが承認されないことは

市場も織り込み済みだった可能性があることから

仮想通貨相場に

大きな変動は見られませんでした。

 

 

 

この他、

一部の仮想通貨メディアが

仮想通貨XRPの時価総額は

実際の額より約61億ドル(約6684億円)

水増しされていると指摘しました。

 

 

販売制約などで

流動性がない分を含んでおり

誇大に算定されている可能性があると

疑問視しています。

 

 

リップル社は

これらの疑惑を否定し

強く反論、

XRPへの影響は限られています。