1月29日の仮想通貨市況、ほとんどの通貨が値下がりしている状態、BTCの大口ロスカットが相場の先行きを、悲観的にしている

友だち追加

こんにちは、シュンです。

1月29日の仮想通貨市況、ほとんどの通貨が値下がりしている状態、BTCの大口ロスカットが相場の先行きを、悲観的にしている

29日午前9時30分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=37万9596円

(過去24時間比2.96%安)、

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=32.3円

(同4.53%安)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万1667円

(同5.81%安)

とほとんどの通貨が

値下がりしている状態と

なっています。

 

 

 

仮想通貨市場は

前週末の

米政府機関の閉鎖解除を受けた

目先的な買い物が

一巡して大方なくなった後から

下落気味に転じていましたが、

28日は

BTCの大口ロスカットが

確認された他、

多種多様な草コイン

(流動性の低いアルトコイン)を

取り扱うことで一時人気だった

海外仮想通貨取引所「Liqui」が

正式にサービスの停止と

取引所の運営を中止することを

発表したことなどが

投資家心理の悪化を

助長し売りを誘ったようです。