1月31日の仮想通貨市況、XRPが急激に上がる、SWIFTと分散型台帳技術米R3の提携発表を先行きにプラスになると評価される

友だち追加

こんにちは、シュンです。

1月31日の仮想通貨市況、XRPが急激に上がる、SWIFTと分散型台帳技術米R3の提携発表を先行きにプラスになると評価される

31日午前10時25分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=38万993円

(過去24時間比1.38%高)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=35.8円

(同13.19%高)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万1991円

(同4.39%高)

など買い優勢となっています。

 

 

 

 

30日、

大手国際送金システム企業

SWIFT

(国際銀行間金融通信協会)が

金融システムにおける

ブロックチェーン活用の

研究と開発に関する

世界最大規模の

コンソーシアムを率いる

米国のR3と提携する計画を

発表しました。

 

 

 

SWIFTは、

R3のブロックチェーン

プラットフォーム

「コーダ」と

自社開発の新たな決済システム

グローバル・ペイメント・イノベーション

(GPI)を結合し、

コーダを使う企業は、

SWIFTの

GPIのサポートを得て

決済できるようになるといいます。

 

 

 

コーダの決済アプリには

決済手段として

リップル(Ripple/XRP)が

採用されており、

先行き良い結果などに

なりそうだという期待が

膨らんだとみられます。

 

 

 

また、

SBIホールディングス<8473.T>が

29日、

R3と共同で

日本を事業対象とした合弁会社を設立し、

事業展開は日本のみならず、

東アジアに向けても行い

R3のコーダの普及促進を

目指すと発表したことも

相場を上昇させる要因と

なったようです。