2月22日の仮想通貨市況、ビットメインのマイニング機器「S15」の脆弱性を発見との指摘に悲観的

友だち追加

こんにちは、シュンです。

2月22日の仮想通貨市況、ビットメインのマイニング機器「S15」の脆弱性を発見との指摘に悲観的

22日午前9時35分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=43万8082円

(過去24時間比0.70%安)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万6180円

(同1.33%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=35.6円

(同2.61%安)など

売り優勢となっています。

 

 

 

 

 

21日の東京株式市場で

日経平均株価が

4日引き続いて上がる中、

仮想通貨関連銘柄では

マネーフォワード<3994.T>や

セレス<3696.T>などが買われ、

主要仮想通貨にも

資金流入の動きがみられました。

 

 

 

 

ただ、目先的な買い物が

一巡して大方なくなった後は、

昨年1月に

1日で90%以上大暴落を見せた

仮想通貨ビットコネクト(BCC)に関し

FBI(米連邦捜査局)が

詐欺の疑いで

捜査を開始したと

伝わったことや、

仮想通貨マイニング最大手

・ビットメイン(Bitmain社)が

昨年11月に発売を開始した

最新マイニング機器「S15(ASIC)」に

脆弱性があることを発見したと

SNS上で明かしたことなどが

悲観され、

主要仮想通貨は売り優勢に

転じています。