3月1日の仮想通貨市況、イーサリアムの大型アップデートが無事完了

友だち追加

こんにちは、シュンです。

3月1日の仮想通貨市況、イーサリアムの大型アップデートが無事完了

3月1日午前10時35分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=43万515円

(過去24時間比0.61%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万5274円

(同0.42%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=35.0円

(同0.06%高)など、

個々別別となっています。

 

 

 

 

 

3月1日4時過ぎ(日本時間)、

イーサリアムの大型アップデート

「コンスタンチノープル+セントピーターズバーグ

(Constantinople/St. Petersburg)」

が無事完了したことが

わかりました。

 

 

 

チェーン分岐や

新通貨誕生などの影響は

みられていません。

 

 

 

ETH価格へのインパクトも

限定的となっています。

 

 

 

コンスタンチノープルは

イーサリアムのPoW

(プルーフ・オブ・ワーク、

計算量によって報酬を獲得できる仕組み)

移行に向けて

効率面で複数の改善を目指す

アップグレード。

 

 

一方、

セントピーターズバーグは

1月に発見された

コンスタンチノープルの

コードの脆弱性に対処する

といいます。

 

 

 

この他、

米有力紙NYタイムズが

28日、

米SNS大手・フェイスブックが

独自の仮想通貨を設定するため

複数の大手仮想通貨取引所と

交渉を開始していると

報じたことが話題となっています。