3月6日の仮想通貨市況、トークンセールの調子がよいバイナンスが相場を上昇させる

友だち追加

こんにちは、シュンです。

3月6日の仮想通貨市況、トークンセールの調子がよいバイナンスが相場を上昇させる

6日午前10時35分現在の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=43万3224円

(過去24時間比2.89%高)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万5273円

(同6.68%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.9円

(同2.01%高)など

ほとんどの通貨の価格が

値上がりしています。

 

 

 

 

他のアルトコインでは、

時価総額4位のイオス(EOS)が

同12.04%高、

 

 

同5位のライトコイン(LTC)が

同12.57%高、

 

 

 

同8位のバイナンスコイン(BNB)が

同15.45%高と

2ケタ高となっているのが

目立ちます。

 

 

 

 

 

バイナンス・ローンチパット

(独自ICOプラットフォーム)での

1月と2月のトークンセールが

どちらも盛況だったのに加え、

5日に3月分となる

ICOプロジェクト

「Celer Network」の

トークンセールの詳細が

発表され、

BNBの急騰が

相場を上昇させているとみられます。

 

 

 

 

一方、

米仮想通貨取引所

「LGOマーケッツ」が

機関投資家向けに

口座開設を開始し

3月11日からはBTC先物取引を

開始する予定と伝わり

先行き期待感が

広がっていることも

相場を上昇させる要因と

なっているようです。

 

 

 

 

この他、

仮想通貨マイニング工場が

多量に集まっていた

中国四川省と雲南省地域の事業者が

昨年夏の集中豪雨・洪水で

被った損壊から立ち直り

今夏にも事業再開する、

との観測が上がってきて

話題となっています。