3月7日の仮想通貨市況、国内大手の交換業3社が証券業の参入を目指していると伝わる

友だち追加

こんにちは、シュンです。

3月7日の仮想通貨市況、国内大手の交換業3社が証券業の参入を目指していると伝わる

7日午前9時45分現在の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=43万6360円

(過去24時間比0.01%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万5489円

(同0.54%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=35.3円

(同0.09%高)など

僅かに上昇した状態となっています。

 

 

 

 

他のアルトコインでは、

時価総額5位の

ライトコイン(LTC)が

同5.14%高、

 

 

 

同7位のバイナンスコイン(BNB)が

同5.50%高と

なっているのが目立ちます。

 

 

 

 

ライトコイン(LTC)は、

1月末に

ライトコイン財団創設者が

LTCに

機密取引機能を

追加する可能性を公表し、

同財団がプロモーション活動にも

注力していることもあり

上昇傾向が続いています。

 

 

 

 

BNBもバイナンス・ローンチパット

(独自ICOプラットフォーム)

での好調なトークンセールが

引き続き好材料となっています。

 

 

 

 

 

この他6日は、

国内大手の仮想通貨交換業者3社が

証券業の参入を目指していると

日本経済新聞が報じた

ことなどが話題となりました。

 

 

 

この3社は、

傘下に証券子会社を持つ

リミックスポイント<3825.T>、

証券業の登録を目指して準備を

進めているという

仮想通貨交換業ビットバンク、

銀行免許の取得目指す

QUOINE(コイン)

だといいます。

 

 

 

 

これを受け

リミックスポイントや

ビットバンクに出資する

セレス<3696.T>の株価が

一時急伸する場面がありました。

 

 

 

ICO

(イニシャル・コイン・オファリング)

などで詐欺的案件が

横行していることを背景に、

仮想通貨の規制強化を

検討している政府が

通常国会で

関連法の改正を目指し、

ICOの一部や

仮想通貨を使った金融派生商品

(デリバティブ)

については、

従来の改正資金決済法から

金融商品取引法に準じた規制に

強化されていく方向性をにらみ、

先手を打っていく構えのようです。