3月13日の仮想通貨市況、仮想通貨取引所バイナンスのメンテナンス終了後に手じまい買い

友だち追加

こんにちは、シュンです。

3月13日の仮想通貨市況、仮想通貨取引所バイナンスのメンテナンス終了後に手じまい買い

13日午前10時25分現在の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=43万4408円

(過去24時間比0.50%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万4908円

(同0.40%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.5円

(同0.03%高)など

値動きが僅かに上昇した状態

となっています。

 

 

 

 

12日、

仮想通貨取引所最大手

バイナンスの

システムメンテナンスが終了しました。

 

 

 

 

バイナンスは

日本時間17時よりトレードを再開し、

その後は

ビットコインなど主要仮想通貨が

買われる動きもみられましたが、

戻りは限られました。

 

 

 

 

一方、

米仮想通貨取引所大手

Bittrex(ビットレックス)が

初のIEO

(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング

=取引所でのトークンセール)

を行う予定と発表しました。

 

 

 

 

ICO

(イニシャル・コイン・オファリング)

と異なり、

取引所の上場が約束され

上場審査の欠如など

不安要素が

大幅に取り除かれることなどから

人気化しやすいと

注目されています。

 

 

 

 

この他、

マーシャル諸島政府が

独自のデジタル法定通貨

「ソブリン(SOV)」を

年内に発行を目指すと

伝わったことや、

ロシア中央銀行が

一般投資家の仮想通貨への

投資上限額を

年間600万ルーブルに

定める方針と

報じられたことなどが

話題となりました。