3月19日の仮想通貨市況、中国の大口による資金の再流入が観測される

友だち追加

こんにちは、シュンです。

3月19日の仮想通貨市況、中国の大口による資金の再流入が観測される

19日午前10時50分現在の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=45万428円

(過去24時間比0.21%安)、

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万5597円

(同1.02%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=35.4円

(同0.45%安)など

値動きが僅かに下降した状態と

なっています。

 

 

 

 

18日は、

中国政府の禁止政策により

流入が大幅に減少していた

中国資本の新たな調達資金が

ビットコインなどに

再流入してきている

などの見方が出て、

一時相場を盛り上げる場面も

ありました。

 

 

 

仮想通貨取引規制や

資金調達事情に

新たな動きがみられるようになりました。

 

 

 

ICO

(イニシャル・コイン・オファリング)

の多くが詐欺まがいとして、

中国政府は2017年に

ICOによる資金調達を禁じました。

 

 

 

 

日本でも政府が

15日閣議決定した

資金決済法と金融商品取引法の

改正案において、

仮想通貨技術を使った

ICOビジネスは

金商法で取り扱い、

大手証券会社の参入も

視野に入れ登録制にするもようです。

 

 

 

 

 

ICOに代わり、

有価証券の機能を付与された

トークンによって

利益や議決権の分配する

STO

(セキュリティー・トークン・オファリング)

が発展することにも

対応するといいます。

 

 

 

 

こうした中、

シンガポールのTime Innovation

(タイムイノベーション)が

開発・運営する

仮想通貨「ChronoCoin(クロノコイン)」が

仮想通貨取引所大手

世界ランキング4位を誇る

CoinBene(コインベネ)において

2019年3月19日からIEO

(Initial Exchange Offering の略称

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)

を開始しました。

 

 

 

 

IEOとは

トークンの販売・配布を

プロジェクトが特定の取引所に

委託して行う資金調達のことを指し、

投資家は取引所からトークンを

直接購入することが可能となります。