4月1日の仮想通貨市況、ビットコインETFの審査決定が延期やBithumbのハッキング報道には反応は薄い

友だち追加

こんにちは、シュンです。

4月1日の仮想通貨市況、ビットコインETFの審査決定が延期やBithumbのハッキング報道には反応は薄い

4月1日午前9時55分現在の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=45万7000円前後

(過去24時間比0.5%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万6600円前後

(同0.3%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34円前後

(同0.2%安)などと

なっています。

 

 

 

 

週末の仮想通貨は

商いが閑散で

長期間動く気配がない状態でした。

 

 

 

BTCは

45万円台半ばで推移し、

3月30日の昼すぎから

夕方にかけて

上がり気味の状態

46万円台まで上昇する場面も

ありましたが、

それに追いつこうとするような

動きはみられず、

その後は押し返されました。

 

 

 

 

ただ、

為替市場でドル高・円安が

やや進んだことから

円ベースでみると

僅かに上昇した状態のものが

目立ちました。

 

 

 

 

3月29日には

ビットワイズ・アセット・マネジメントなどが

承認を求めている

ビットコインETF(上場投資信託)

について

米証券取引員会(SEC)が

審査期限を

45日間延期し

5月16日になったほか、

 

 

 

韓国の大手仮想通貨取引所

「Bithumb」が

ハッキング被害により

自社資金の

15億円相当のイオス(EOS)と

約6億9千万円(2000万XRP)を

盗まれたことが判明しましたが、

市場の反応は鈍いようです。