4月19日の仮想通貨市況、バイナンス、独自ブロックチェーン設定を相場の先行きにプラスになると評価される

友だち追加

こんにちは、シュンです。

4月19日の仮想通貨市況、バイナンス、独自ブロックチェーン設定を相場の先行きにプラスになると評価される

19日午前9時55分現在の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=59万2852円

(過去24時間比0.69%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万9386円

(同3.57%高)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=37.6円

(同0.71%安)など

個々別別となっています。

 

 

 

 

 

また、

他のアルトコインでは、

バイナンスコイン(BNB)が

過去24時間比11.66%高と

なっているのが目立ちます。

 

 

 

 

 

18日、

仮想通貨大手取引所バイナンスが

自社のブロックチェーン

「Binance Chain(バイナンス・チェーン)」の

メインネットを設定したと

発表しました。

 

 

 

 

バイナンスCEO(最高経営責任者)の

ジャオ・チャンポン(CZ)氏の

ツイートから期待感が広がり、

バイナンスの独自通貨である

BNB(バイナンスコイン)が

買われています。

 

 

 

 

 

メインネットでは

バイナンス独自の分散型取引所

「Binance DEX」が展開され、

BNB(バイナンスコイン)を

取引手数料に利用できます。

 

 

 

 

この他、

ニューヨーク証券取引所の

親会社である

インターコンチネンタル取引所傘下で

ビットコイン先物などの提供を目指す

Bakkt(バックト)が、

米ニューヨーク州の金融規制当局から

カストディアン

(仮想通貨の売買・保管等)として

ライセンス取得を検討していることが

判明したことが

話題となっています。

 

 

 

 

 

バックトは

BTCの売買・保管や

決済機能を備えた

プラットフォームを開発中。

 

 

 

 

CFTC(米商品先物取引委員会)からの

申請認可が未だに

発表されていない現状を受け、

米ニューヨーク州の

金融規制当局から

カストディアンとしての認定取得を

目指しているといいます。