5月23日の仮想通貨市況、ビットコインなどに値上がりが続いた反動による値崩れを警戒する市場ムード

友だち追加

こんにちは、シュンです。

5月23日の仮想通貨市況、ビットコインなどに値上がりが続いた反動による値崩れを警戒する市場ムード

23日午前10時35分現在の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=84万5768円

(過去24時間比4.02%安)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万6917円

(同5.30%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=41.5円

(同6.43%安)など

売り優勢となっています。

 

 

 

 

 

19日にNHKが

ビットコインの上昇を伝え、

週明け20日に

90万円台乗せを果たして以降は

高値圏の中で、

上昇と下落を繰り返して、

方向性が定まらない様子が

続いていましたが、

22日から23日序盤にかけては

値上がりが続いた反動による値崩れを

警戒する市場ムードが

強まっているようです。

 

 

 

 

 

このほか、

現在、米中貿易摩擦への

不安が強まる中、

米国の仮想通貨投資運用ファンドの

関係者が

大きく揺れる金融市場に対して

ビットコインと株式の相関性が

低いことなどを理由に、

ビットコインが

リスク逃避のための資産として

優れていると述べたことが

話題となっています。