仮想通貨草コインでローリスクハイリターンを狙う方法その7【ArtByte アートバイト(ABY)】【2GIVE ツーギブ(2GIVE)】

友だち追加

こんにちは、シュンです。

では前回に引き続き草コインシリーズ第7回目です。前回の記事はこちら

 

ArtByte アートバイト

 

基本データ

公式サイト https://www.artbyte.me/

ツイッター @ArtByteMe

時価総額ランキング 365位

流通枚数 792,537,250 ABY

取扱取引所 Bittrex、LiteBit.eu、クリプトピアなど

 

ArtByte(アートバイト)とは

 

アートバイト(ArtByte:旧AppleByte)は、人と人を繋ぐデジタル通貨です。

 

アーティスト(ミュージシャン、俳優、映画制作者、監督、編集者、制作者、ダンサー、画家、彫刻家、作家、写真家、デザイナー、モデル、制作チーム、すべての種類のアーティスト)のファンは、

 

アートバイトで、お気に入りのアーティストを直接支援することができます。

 

方法としてはモナコインやバージ同様にTwitterでアートバイトを送ることができます。

 

チャートから見るアートバイト

 

ではチャートの方を見てみます。

 

 

現在価格は0.00000059BTCです。

 

過去には、0.00000500BTCあたりの金額を6月7日、6月24日、8月6日と3回も現在から見れば10倍を記録しています。

 

なかなか期待できそうな通貨ですね。

 

ただ現在はずーーっと下降トレンドとなっておりここから半値くらいにはなる可能性は全然あると思います。

 

なので買っていくとしても0.00000030BTCくらいになることを想定して積立か、もしくは反転するのを確認するまで、

 

静観しているのが妥当でしょう。

 

 

2GIVE ツーギブ

 

基本データ

公式サイト https://2give.info/

ツイッター @ 2GiveCoin

時価総額ランキング 395位

流通枚数 518,357,434 2GIVE

取扱取引所 Bittrex、YoBitなど

 

2GIVE ツーギブとは

 

2GIVE(ツーギブ)は、社会的責任を担うスチュワードシップを支援するために設計された次世代ステークホルダーベースの暗号通貨であり、

 

非営利のデジタルトラストであるNumbers Foundationの強みによってサポートされています。

 

2GIVE(ツーギブ)は、あなたの好きな非営利または社会的な理由を簡単にサポートし、

 

ソーシャルティッピングを通じて「返済」するために使用することができます。

 

保有者に年間5%の利息(POS)を、また鉱業プロセス(POW)で獲得できる1%の送金手数料を獲得することができます。

 

マイニングをPOSとPOWの二つ採用しているみたいです。

 

POS方式は通貨を持っている人がもらえる報酬ですので、この配当目的で保有する方もいるかもしれませんね。

 

チャートから見る2GIVE(ツーギブ)

 

こちらもチャートの方をみていきます。

 

 

現在価格は0.00000065BTCです。

 

こちらの通貨は結構頻繁に吹き上がっています。

 

最高値は0.00000245BTCですので10倍などは記録していないので上がるか実績はありませんが、

 

コンスタントに3倍くらいは狙えるのではないかというチャートですね。

 

チャートで見る感じでは現在価格は一応底値かなと判断できます。

 

ここを割ってしまうと0.00000050BTC、さらに下落すれば0.00000025BTCまで行く可能性ありです。

 

こちらの通貨も下げトレンド中ですので、買っていくにしても積立で、買い下がっていく購入法方がお勧めです。

 

ということで、今回は以上になります。

 

お読みいただきありがとうございました。