6月3日の仮想通貨市況、相場が上昇傾向、先行きが高いと期待根強く持ち直しの動き

友だち追加

こんにちは、シュンです。

6月3日の仮想通貨市況、相場が上昇傾向、先行きが高いと期待根強く持ち直しの動き

3日午前10時現在の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=94万1500円前後

(過去24時間比1.2%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万9000円前後

(同0.1%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=48円前後

(同2.3%高)などと

なっています。

 

 

 

 

 

ビットコインはドルベースで

5月30日に

一時9000ドル台を回復しました。

 

 

 

 

利益確定売りに押されて

調整しましたが、

31日に8200ドルを

割り込んだあとは

一時的に下落したタイミングを

見計らって買いを入れる

押し目買いに

支えられて下落が止まりました。

 

 

 

 

 

現在の上昇トレンドに

先行きが高いと期待は根強く、

週末も少しずつ

高くなっていきました。

 

 

 

 

 

6月2日には

8800ドル台まで

値を戻す場面がありました。

 

 

 

 

 

週末の仮想通貨に関連した

主なニュースは、

5月31日に

SEC(米証券取引委員会)が

ブロックチェーンと

デジタル資産に関する

フィンテックフォーラムを開催し、

業界の専門家を迎え、

技術の促進や規制について

議論しました。

 

 

 

 

 

一方、

大手仮想通貨取引所コインベースの

COO(最高執行責任者)である

アシフ・ヒルジ氏が

辞任を決定したことが

わかりました。

 

 

 

 

 

日本時間の3日未明には

英有力経済紙

フィナンシャルタイムズが

世界最大のSNS企業

フェイスブック社は

独自の仮想通貨

「グローバルコイン」の

発行のため、

CFTC(米商品先物取引委員会)

との話し合いを

行なっていると

報じています。