6月10日の仮想通貨市況、相場が下落気味、米利下げ観測強まり株式市場へ資金移動か

友だち追加

こんにちは、シュンです。

6月10日の仮想通貨市況、相場が下落気味、米利下げ観測強まり株式市場へ資金移動か

10日午前10時10分現在の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=83万円前後

(過去24時間比3.1%安)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万5400円前後

(同3.6%安)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=42円前後

(同5.5%安)などと

なっています。

 

 

 

 

 

主要な仮想通貨は

5月末に年初来高値を更新したあと

利益確定売りに押されており、

前週比でみると、

多くの仮想通貨が

2ケタの下げをみせています。

 

 

 

 

 

米利下げ観測が強まる中、

仮想通貨市場から株式市場へ

資金が移動しているとの

見方もありました。

 

 

 

 

 

なお、

6月8日から9日にかけて

福岡で開催されたG20

(20カ国・地域)

財務大臣・中央銀行総裁会議は

9日に共同声明を発表しましたが、

市場の反応は限定的でした。

 

 

 

 

 

仮想通貨については、

一定の重要な便益をもたらし得るとの

見方を示しましたが、

消費者及び投資家保護、

マネーロンダリングや

テロ資金供与の対策に関しては

リスクに引き続き警戒を続けるとしました。