6月13日の仮想通貨市況、ビットコイン先物が取引開始以来の過去最高水準に達したことが先行きにプラスになると評価される

友だち追加

こんにちは、シュンです。

6月13日の仮想通貨市況、ビットコイン先物が取引開始以来の過去最高水準に達したことが先行きにプラスになると評価される

13日午前10時時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=88万5260円

(過去24時間比3.53%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万8372円

(同6.90%高)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=43.7円

(同2.66%高)など

買い優勢です。

 

 

 

 

 

一方、

8月にマイニング報酬が

半分にまで減少する半減期を

迎えることから

価格上昇期待が高まっていた

ライトコイン(LTC)は

上昇が一時的に止まり、

小休止状態になりましたが、

午前10時時点

1LTC=1万4683円

(同0.89%高)と

マイナス圏からプラス転換

しています。

 

 

 

 

 

 

12日、

CME

(シカゴ・マーカンタイル取引所)が

提供する

ビットコイン先物の

5月分出来高が

取引開始以来の

過去最高水準に達したことが

判明し

改めて先行きにプラスになると

評価される向きが

あったほか、

 

 

 

仮想通貨取引所GateHubから

総額23,200,000XRP

(約10億円)の

仮想通貨XRPが流出した事件で、

ハッカーが売却を試みていた

取引所の一社が

売却を阻止したことが

わかったことなどを受け、

買えば必ずもうかるという

市場心理が広がっているようです。