6月14日の仮想通貨市況、ビットコイン一時90万円まで値を戻した

友だち追加

こんにちは、シュンです。

6月14日の仮想通貨市況、ビットコイン一時90万円まで値を戻した

14日午前10時40分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=88万8708円

(過去24時間比0.56%高)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万7584円

(同2.43%安)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=43.2円

(同1.88%安)など

個々別別となっています。

 

 

 

 

 

 

13日は

上がりそうで上がらない状況だった

BTCが

14日序盤に

一時90万円を突破しました。

 

 

 

 

 

国内大手仮想通貨交換所の

ビットフライヤーが

データベースの

アップデート作業を

実施するのに際し、

市場の売買出来高が少なく

市場の活気のないことを

機とみて

値上がりを予測して買いが

入った可能性があります。

 

 

 

ただ、

その後は達成感もあり

90万円を割り込んでいます。

 

 

 

 

このほか、

ニューヨーク証券取引所の

親会社にあたる

ICE

(米インターコンチネンタル取引所)が

運営するBakkt(バックト)が

ビットコイン先物取引の

ユーザー受け入れ

および先物のテストを

7月22日から開始することが

判明したことや、

 

 

 

香港系の仮想通貨取引所大手

Binance(バイナンス)は

米国市場に特化した取引所

「Binance US」を

設立することが判明したことなどが

話題となりました。