6月28日の仮想通貨市況、ほとんどが値下がりしている状態、ビットコインに値上がりが続いた後、反動による値崩れを警戒する市場ムード

友だち追加

こんにちは、シュンです。

6月28日の仮想通貨市況、ほとんどが値下がりしている状態、ビットコインに値上がりが続いた後、反動による値崩れを警戒する市場ムード

28日午前9時50分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=122万2358円

(過去24時間比14.39%安)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=3万2284円

(同12.42%安)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=44.5円

(同12.06%安)など

ほとんどが値下がりしている状態と

なっています。

 

 

 

 

 

27日は、

米最大手仮想通貨取引所

コインベースの

サーバー停止を受け、

通常稼働していた

複数の取引所との間で

大きな価格のかい離を生み出して、

市場が不安定化しました。

 

 

 

 

 

これにより

投資家心理が冷え込んだことや、

連日の上昇で

過熱感が意識され

売りが先行したことが

相場のほとんどが

値下がりしている状態に

つながりました。

 

 

 

 

 

 

また、

リップルを主体とする

通貨ペア取引サービスを提供する

シンガポール発の取引所

ビットルーが

930万XRP(リップル)と

250万カルダノ(ADA)を

ハッカーによって盗まれたことを

公式ツイッターで報告したことも

市場に警戒している雰囲気を

与えたとみられます。