7月1日の仮想通貨市況、どれもこれも下がる、投資家のリスク回避後退で資金の流れに変化か

友だち追加

こんにちは、シュンです。

7月1日の仮想通貨市況、どれもこれも下がる、投資家のリスク回避後退で資金の流れに変化か

7月1日午前10時10分時点の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=119万9000円前後

(過去24時間比8.4%安)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=3万2200円前後

(同7.5%安)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=44円前後

(同5.7%安)など、

どれもこれも、

おおきく値を下げた状態です。

 

 

 

 

 

ビットコインは6月27日早朝に

150万円を突破したあと

反動による値崩れを警戒する

市場のムードもあって

急に勢いをなくし、

同28日早朝には

115万円割れになりました。

 

 

 

 

 

週末はドル高・円安も手伝い、

130万円台まで値を戻しましたが、

29日昼前から戻りの鈍さも

意識されて徐々に下がり気味に、

週明け7月1日は

110万円台で推移しています。

 

 

 

 

 

ここ最近では、

中東情勢の緊迫化などを

背景にした

リスク回避の動きで

仮想通貨市場に資金が

向かっていたとの

見方もありましたが、

米中通商協議の再開などで

行く先の不安や懸念が

ややぬぐいされたこともあり、

リスクマネーの流れが

変わったようです。

 

 

 

 

 

なお、

G20(20カ国・地域)と

並行開催された大阪では

各国の金融規制当局や

仮想通貨関連事業者の代表が集まる

「V20サミット」も開催され、

新たな規制や課題を中心に

議論されましたが、

市場の反応は限られました。