7月2日の仮想通貨市況、ビットコイン1万ドルあたりで意外となかなか下がらず

友だち追加

こんにちは、シュンです。

7月2日の仮想通貨市況、ビットコイン1万ドルあたりで意外となかなか下がらず

2日午前10時時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=113万2470円

(過去24時間比4.88%安)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=3万1580円

(同0.87%安)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=43.8円

(同0.74%高)などとなっています。

 

 

 

 

 

多くの通貨が週間ベースで

マイナス圏にあるものの、

下落が一時的に止まり、

小休止状態になりつつあります。

 

 

 

 

 

また、ビットコインは

ドルベースで1万ドルあたりにあり、

意外となかなか下がらないでいます。

 

 

 

 

 

 

6月28-29日に開催された

G20(20カ国・地域)

首脳会議を通過し、

問題とされながら

まだ解決がつかない問題の

米中首脳会談では

米国による中国輸入品に対する

追加関税が見送られ、

7月月初の相場は

リスクオフムードの勢いが

衰えてきています。

 

 

 

 

 

デジタル・ゴールドとして

ビットコインにも資金が流れ

一時騰貴する傾向を強めましたが、

現在では売り優勢となっています。

 

 

 

 

 

このほか、

国際決済銀行(BIS)の関係者が

中央銀行による

デジタル通貨発行の必要性を

指摘したと伝わりました。

 

 

 

 

 

中央銀行によるデジタル通貨の発行に

否定的だった国際決済銀行の中でも、

Facebookが発行を予定している

仮想通貨「Libra」によって

国際金融への影響を危惧したものだと

見られています。