7月4日の仮想通貨市況、世界的な金融緩和の広がり、余剰資金が入り込む

友だち追加

こんにちは、シュンです。

7月4日の仮想通貨市況、世界的な金融緩和の広がり、余剰資金が入り込む

4日午前10時10分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=127万4289円

(過去24時間比4.57%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=3万2381円

(同0.80%高)、

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=43.8円

(同0.14%高)など

ほとんどが値上がりしている

状態となっています。

 

 

 

 

3日、

ハト派とされる

国際通貨基金(IMF)の

ラガルド専務理事を

欧州中央銀行(ECB)の

次期総裁に指名されました。

 

 

 

 

2日にトランプ米大統領が

利下げを主張するエコノミスト2名を

中央銀行に当たる

連邦準備制度理事会(FRB)理事に

指名する意向を

ツイッターで表明したこともあり、

3日は欧米とも

緩和・利下げ観測期待から

株高となりました。

 

 

 

世界的なマーケットでの

余剰資金の一部が

仮想通貨市場にも

入り込んできた可能性があります。

 

 

 

 

このほか、

元ゴールドマン・サックスで

仮想通貨投資会社

ギャラクシー・デジタル創業者である

マイケル・ノヴォグラッツ氏が

ビットコインは200万円を

超える可能性があるとの考えを

明らかにしたことが

話題となっています。