7月9日の仮想通貨市況、ビットコイン強気の見通しが上昇させる要因

友だち追加

こんにちは、シュンです。

7月9日の仮想通貨市況、ビットコイン強気の見通しが上昇させる要因

9日午前9時55分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=133万2314円

(過去24時間比7.40%高)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=3万3915円

(同2.53%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=43.9円

(同2.26%高)など

買い優勢となっています。

 

 

 

 

 

欧米で

金融緩和・利下げ観測の高まりから

ビットコインは

3日から4日にかけて上昇し、

6月30日以来の

1BTC=1万2000ドルに

近づいたものの、

その後は

上がりそうで上がらない状態、

米金融市場が休場で

市場流動性が弱くなる中で、

ビットコインが下がり気味に。

 

 

仮想通貨市場も

売り優勢に傾きました。

 

 

 

 

 

8日、

トロンの名を悪用し

詐欺を行っていた中国系ウェブサイト

「Wave Field Super Community

(ウェーブ・フィールド・スーパー・コミュニティ)」が

突然閉鎖しました。

 

トロン財団が関与していない旨と

同ウェブサイトを非難する公式声明を

発表したことなどを受け

トロン(TRX)の価格は

この騒ぎを受け、

一時急落しました。

 

 

その一部が

TRX売り・BTC買いに

つながったとの見方が出ました。

 

 

 

このほか、

米大手投資ファンドの

「モルガンクリークキャピタルマネジメント」の

CEOを務めるMark Yusko氏は

ビットコインが調整する前に

330万円に達する可能性を指摘した

との強気の見通しを

明らかにしたことなども

上昇させる要因となっているようです。