ビットコイン保管用ウォレットについて

友だち追加

こんにちは、シュンです。

 

みなさんはビットコインを購入したあとどこに保存していますか?

 

取引所に置いたままにしてませんよね?

 

2段階認証をしていればひとまずは安心ですが、2段階認証かけていても突破されている方も見えます。

 

取引所は取引をするところであって保管するところではありません。

 

一番有名なのはマウントゴックスの破綻ですね。

 

そこから暗号通貨を紛失することをGOXと呼ばれています。

 

ちなみに自分でパスワードを忘れて暗号通貨を取り出せなくなることをセルフGOXといいます。

 

取引所がつぶれたら特に海外の取引所では置いてあった通貨は返ってくることはないと思っていた方がいいです。

 

頻繁に取引するのであれば取引所においてある方が使い勝手がいいので自己責任で置いておいてもいいかもしれませんが、

 

積立などで売買をするつもりがないのであれば取引所から自分のウォレットに保管しておくのがベターです。

 

では保管するウォレットについて解説いたします。

ハードウォレットとソフトウォレットとは

 

ハードウォレットとはインターネットに繋がっていない状態でビットコインなどの暗号通貨を保管できるのでハッキングなどの被害から守れるウォレットになります。

 

ソフトウォレットとはインターネットに接続した状態でビットコインなどの暗号通貨を手軽に保管することができるウォレットです。

 

メリットとデメリット

 

ハードウォレットのメリットは前述したとおりセキュリティーの高さです。現在考えられる最強に安全な保管方法でしょう。

 

デメリットは有料なことです。しかし有料とはいっても2万円もしませんので、

 

被害に合わないうちに用意しておきましょう。

 

せっかく利益が出ていたとしても無くなったら終わりです。

 

続いてソフトウォレットのメリットは無料なことと、スマホなどの端末で保管、送金などが手軽にできることです。

 

デメリットはやはりネットに繋がっているので、ハッキングの恐れがあります。

 

おすすめソフトウォレット

 

まずは無料のソフトウォレットを使用しようしたい方がほとんどだと思いますので、

 

私が使用しているソフトウォレットをご紹介します。

 

デスクトップウォレット

 

Electrum

 

自分のコンピュータ上にインストールしてローカル環境で管理できるウォレットです。

 

無料で手軽に使用することが可能であり、ウェブウォレットよりもセキュリティに優れているのが特徴です。

 

こちらにビットコインを入れておくとエアドロップにも使えますので作っておくといいと思います。

 

ただし、PCが故障すれば当然ビットコインを取り出せなくなりますし、

 

ウイルス感染やハッキングを受けて盗まれる恐れがありますので、

 

バックアップやセキュリティ設定は必ずしておいてください。

 

AltaWallet

 

こちらのウォレットはPC、スマホどちらでも使うことができて、

 

対応通貨もビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、Dogecoin(DOGE)、ダッシュ(DASH)に対応しています。

 

送金手数料も選ぶことができるので送金手数料を節約したいときなど便利です。

 

ただしビットコインの送金が混雑しているときなどは手数料をケチることはお勧めいたしません。

 

平気で届くのに2日かかることもあります。

 

モバイルウォレット

 

breadwallet

 

iPhoneやAndroid上のアプリのウォレットです。

 

QRコードが利用できるので、店舗での決済には非常に便利です。

 

こちらのウォレットは端末上にのみ秘密鍵を保管するタイプでセキュリティが高いのが特徴です。

 

ただしビットコインの通貨単位にBTCではなく、

 

bits(b)が使われているため決まった額を送金したいときなどはかなり分かりにくいのが難点です。

 

1bits=1μBTC=0.000001BTCです。

 

今回は以上になります。ご覧いただきありがとうございます。