7月19日の仮想通貨市況、BTC急激に上がる、中国の投資家が手持ちの資金をビットコインに交換しているとの見方も

友だち追加

こんにちは、シュンです。

7月19日の仮想通貨市況、BTC急激に上がる、中国の投資家が手持ちの資金をビットコインに交換しているとの見方も

19日午前10時25分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=114万8095円

(過去24時間比10.36%高)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万4268円

(同7.26%高)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.8円

(同4.20%高)など

買い優勢となっています。

 

 

 

 

 

18日米国時間に

ビットコインが急に伸びました。

 

 

 

 

 

中国・

杭州インターネット裁判所で

ビットコイン(BTC)の

財産権の権利侵害を巡る

最初の訴訟で、

ビットコインの「仮想財産」としての

属性を認める判決が下され、

仮想通貨取引を禁止している中国で

異例の判断が下されたことを

相場の先行きにプラスになると

評価され、

買いが急にふえたとの

見方が出ています。

 

 

 

 

このほか、

米議会でのリブラについての

公聴会で複数の議員が

リブラ批判・ビットコイン擁護に

傾いていたことなども

ビットコインを支援したようです。

 

 

 

 

なお、

18日に閉幕した

フランス開催のG7(主要7カ国)

財務相・中央銀行総裁会議では、

米IT大手フェイスブックの

仮想通貨「リブラ」に関し、

「金融システムの安定や

消費者保護を脅かすことのないよう、

最高水準の金融規制を満たす必要がある」と

議長総括を公表しました。