7月29日の仮想通貨市況、FOMC(連邦公開市場委員会)での利下げを見込んで仕掛ける投資家も多いのか動きがやたらに激しい

友だち追加

こんにちは、シュンです。

7月29日の仮想通貨市況、FOMC(連邦公開市場委員会)での利下げを見込んで仕掛ける投資家も多いのか動きがやたらに激しい

29日午前10時25分時点の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=103万8900円前後

(過去24時間比0.9%高)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万3000円前後

(同1.9%高)、

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34円前後

(同0.3%高)などと

なっています。

 

 

 

 

 

週末は

やや値上がりする気配が

感じられる場面があり、

ビットコインは27日早朝に

ドルベースで一時

1万ドルを回復しましたが、

同日夜には再び

1万ドルを割り込みました。

 

 

 

 

ドル安と仮想通貨高の相関が高まる中、

30日と31日のFOMC

(米連邦公開市場委員会)での

利下げを見込んで仕掛ける動きが

ビットコインなどを支えた

との見方がありましたが、

相場が動くきっかけや

売買するだけの材料がなく、

買いは続きませんでした。

 

 

その後はほぼ横ばいで

推移しました。

 

 

 

 

29日未明に

ビットコインは9200ドル前半まで

下落する場面もありましたが、

すぐに持ち直しています。

 

 

 

 

 

 

 

今週の仮想通貨に関連した

イベントは、FOMCのほか、

7月31日に米国会上院の銀行委員会で

「仮想通貨とブロックチェーンの

規制枠組みを調査する」

公聴会があります。