8月5日の仮想通貨市況、ビットコイン11000ドル台に乗せた

友だち追加

こんにちは、シュンです。

8月5日の仮想通貨市況、ビットコイン11000ドル台に乗せた

5日午前10時50分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=120万260円

(過去24時間比2.48%高)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万4024円

(同1.12%高)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.0円

(同0.29%安)と

買い優勢です。

 

 

 

 

 

一方、ビットコイン(BTC)は

週間ベースで13.63%高と

なっており、

前週後半から今週初にかけて

上昇した金額を広げ、

ドルベースで

7月14日以来の

11000ドル

水準まで上昇しました。

 

 

 

 

 

 

1日にトランプ米大統領が

中国への制裁第4弾として、

輸入品3000億ドル

(約32兆2000億円)に

10%の制裁関税を課すと

ツイッターで明らかにしたほか、

 

 

 

 

2日にトランプ大統領の

かつての側近である

バノン元大統領上級顧問が

「BTCをポピュリストの反乱において

BTCは重要な地位を占め、

大きな未来がある」

などと発言しました。

 

 

 

 

 

リスク回避姿勢の強まりから

米国金利の低下が進む中、

金利が基本的にない

仮想通貨の代表格である

ビットコインにも

逃避目的の資金の流れ込みが

長く続いているようです。