8月6日の仮想通貨市況、米中貿易摩擦の激化などが原因で、ビットコインへ資産の逃避先として資金が集まっている

友だち追加

こんにちは、シュンです。

8月6日の仮想通貨市況、米中貿易摩擦の激化などが原因で、ビットコインへ資産の逃避先として資金が集まっている

6日午前10時45分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=124万3320円

(過去24時間比3.82%高)、

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万4393円

(同1.64%高)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=34.0円

(同0.18%高)など

買い優勢です。

 

 

 

 

 

ビットコインは週間ベースで

19.78%高となるなど、

上昇傾向が続いています。

 

 

 

 

 

5日、

中国の通貨『元』が

1ドル=7元台の安値に沈み、

中国金融規制当局が

元安を容認したと受け止められ、

米中貿易摩擦の激化への懸念から

世界的な株安が広がりました。

 

 

 

 

米財務省は5日、

中国を為替操作国に認定したと

発表しました。

 

 

 

 

また、

中国では香港の「逃亡犯条例」

改正案を巡る

大規模デモが収まらず

政情不安が拡大する

問題も抱えており、

こうしたマクロ経済の混乱や

地政学リスクの高まりから

米債券高(金利低下)が進み、

金利の付かない仮想通貨の

ビットコインなどに

資産の逃避先として

資金が集まっているようです。

 

 

 

 

 

このほか、

時価総額5位の仮想通貨の

ライトコイン(LTC)が5日、

4年ぶり2度目の半減期を迎え、

(1,680,000ブロックを半分にし、

マイニング報酬として

新規発行されるライトコインが

今までの25LTC(約25万円)から、

半分となる12.5LTCまで減少)

実行されました。

 

 

 

 

半減期直前に価格が急上昇する

場面もありましたが、

実行後も

ハッシュレート(採掘速度)に

大きな変化はなく、

次第に調整する展開となり、

6日午前10時45分時点では

過去24時間比

0.24%高となっています。