8月9日の仮想通貨市況、逃避資金が再びビットコインになだれ込む

友だち追加

こんにちは、シュンです。

8月9日の仮想通貨市況、逃避資金が再びビットコインになだれ込む

9日午前10時25分時点の

主要仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=126万1110円

(過去24時間比0.10%安)、

 

 

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=2万3398円

(同2.34%安)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=32.6円

(同1.04%安)など

僅かに下降した状態となっています。

 

 

 

 

 

 

8日のニューヨーク債券市場で

不調だった

米30年物国債の入札結果が

「好調」と受け止められて

米長期金利が上昇したのを背景に

BTCが売られる場面が

ありましたが、

トランプ米大統領が改めて

ドル高をけん制したと

受け止められた発言や

米政府は、

米国企業が華為技術(ファーウェイ)との

ビジネスを再開するための

ライセンスに関する決定を

先送りしていると

報じたことなどを受け

米長期金利が低下に転じると、

金利の付かない仮想通貨の代表格である

ビットコインに

逃避資金が再び

なだれ込みました。

 

 

 

 

 

このほか、

米大手資産運用企業「フィデリティ」が

ビットコインマイニングプールに

新たに参加を表明したことが

明らかになり、

本格的にマイニング事業に

参入する可能性が見えてきました。